-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-07-31 (Wed)
「親を愛せない人は
他人を正しく愛せない」


と言われた。




いや、正確には
たまたまそんな文章を目にしただけだ。


だけど、私に向けた言葉にしか
思えなかった。


私は自分の母親を愛せないどころか
憎んでいるのだ。

親を愛せないって
どうしようもないほどの罪悪感と
人間としての劣等感と
日に日に色濃く炙り出される
幼い子供には悲しすぎる記憶が
心を鋭いナイフで切り裂いた傷痕を
さらに粗いヤスリで擦られてるような
何とも言えない苦しみを
一生背負って死ぬしかない。


やっと、本当の愛情というものを
旦那と息子に教えてもらったと思った。

旦那に幼い頃の傷痕を
癒してもらい、

息子を育てる事で甦る苦しい記憶を
発達障害という純粋さを持ち合わせた
息子に癒してもらい、

私は、無償の愛情というものを
初めて知った。


そう、思っていた。


いいじゃない、親が嫌いでも
仕方ないでしょう。

嫌いになる理由があるんだから。

親とあなたは別人格。
血縁があるから愛さなきゃと
罪悪感に苛まれる必要はない。

今まで良く耐えてきましたね。

これからは旦那さんや息子さんを
愛するようにご自分をもっと
愛して自由に生きていきましょうね。



主治医に言われ、号泣した。

親を愛せない事で
自分を責めてはいけない、と。




だけど、やはり、
親を愛せない人間は
他人を正しく愛せるだろうか。

歪んだ実母の自称愛情とやらに
がんじがらめにされて
この歳になって心を病んでる私に

ちゃんと旦那と息子を愛せているのか?


自分勝手な愛情を押し付けてやいないか。


「親を愛せない人は
他人を正しく愛せない」


そうかもしれないね。

頭からこの言葉が離れない。
スポンサーサイト
| パニック障害 | コメント(2) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。