-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-07-10 (Wed)
先日「遺書」という記事を書いた。

死後に献体したい、
たくさんの病気を患った事で
私の身体が医学の研究に
役立つなら使って欲しい、

と、書いたのですが…


調べたらやはり、
B型肝炎キャリアは献体出来ないことが
判明してしまったのです。

がっかり。




しかし、「献脳」(ブレインバンク)という
死後脳を研究に使うための
登録システムがあることを知り、
早速、メールで資料請求。

B型肝炎キャリアであることを伝え、
可能であれば是非、登録したい旨を
書いたところ、

初めからB型肝炎キャリアであることが
わかっていれば
それなりに対処しながら
大切に扱わせて頂き、
研究に使わせて頂きます、

とのお返事を頂き、
先程、資料と登録についての文書が届きました。





この「ブレインバンク」は
「精神疾患をお持ちのかたの脳」と
「お持ちでない方の脳」を
比較研究し、精神医学の研究を
行っています。


精神疾患や発達障害などの
研究がなかなか進まないのは
「死後脳」の入手が困難だからです。

精神疾患も発達障害も
脳に関する症状なので
やはり脳を調べないことには
医学的進歩もないのだ、
と、以前、何かで読んだのが
頭の片隅にありました。


しかし、脳、とは「心」そのものである、
という家族、遺族の思いもあり、
なかなか「死後脳」を
研究出来ない現実もあるのです。


私はまだまだ生きていかなきゃいけないけど、
今、この決心をちゃんと
残しておかなきゃ、と思い、
「ブレインバンク」に登録したいと思っています。


旦那には簡単には話していたけど、
なんとか説得して登録したい。


もし、興味のある方は

NPO法人精神疾患死後脳、DNA バンク運営委員会事務局
(公立大学法人福島県立医科大学医学部神経精神医学講座内)

を、ご覧になって下さい。
スポンサーサイト
| 遺書的記事 | コメント(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。