-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-06-25 (Tue)
(一応、前の記事の続きっぽくなってますので、そちらからお読み下さい♪)


私は幼い頃から身体が弱かった。

精神的にも弱い子だった。

子供の頃から自律神経失調症とか
言われたこともあった。

毎月のように風邪をひいては
気管支炎→肺炎を繰り返して
しょっちゅうレントゲンも撮ってた。

当時のエックス線だから
多分、決して身体にいいものじゃないよね。

それを、毎月のように浴びてた。

仕方ないんだけどね、
それが大人になって甲状腺がんになった
原因のひとつじゃなかろうか?

と、素人判断ながら思うのです。


あと、のび太を妊娠した時の検査で
B型肝炎の抗体がプラス反応です。

母子感染の危険があったから
のび太にはちゃんと感染しないように
予防接種で抗体を作ってあるので
発症することはないと思いますが、
そのため、お母さんは献血も臓器提供も
残念ながら出来ません。

のび太にはその話はしたけど
一度ちゃんと検査して
医師から話を聞いてください。


献血も臓器提供も出来ないのは
正直、人間として屈辱的な思いがあります。

献血車の前を素通りする時の罪悪感、
万が一、家族に何かあったとしても
臓器のひとつも提供出来ない後ろめたさ、

いつも、心のどこかに引っかかり、
人間としてマイナス評価されてる気が
していました。


そこで、私が死んだら
是非、お願いがあります。

私の遺体を献体してほしいのです。


幼児期からエックス線を浴び続けた者として

甲状腺がんとの関係が解るかも知れない、

甲状腺がん全摘手術の際、
主治医の先生がおっしゃってたけど、
反回神経が二股に分かれてるという
珍しい神経の持ち主でもあるから
何か医学的に役立つかも知れない。

それと、ある本で読んだのだけど
「死後脳」というものは
なかなか手に入らないため
脳科学、精神医学の研究は難しいらしい。

だから是非、私の「死後脳」を
研究材料としてくまなく調べて
今後の脳科学、脳外科学、精神医学、
発達障害の研究に役立てて欲しい。

それが叶うのなら本望です。





あ、あとね、これを見るときが
いつなのかわからないけど

出来ればお葬式は密葬で。
余計な方まで声をかけて
気を使わせる必要はありません。

出来れば葬儀のBGMに
大好きなドラマ「僕の生きる道」の
サントラかけてください。

CDあるからね♪


で、葬儀とか全部終わったら、
年賀状交換してる方々に
私が亡くなって遺体を献体した旨を
お知らせ下さい。


あと、私の大事なネットの友達にも
お知らせ下さい。

Twitter(アカウント2つあるから両方だよ)
lineの仲間、
あと、このブログに、
私が亡くなった旨を記して下さい。

Twitterの本アカとlineのこの仲間は
いつも辛いときに
励まして笑わせてくれて、
ライブに行った時にも初対面なのに
懐かしささえ漂わせ、
私の体調を気遣っていろいろ
心寄せてくれた人達です。

私が辛いとき、遠くから
御守り送ってくれたり、
私のために神社で手を合わせてくれた
大切な友人たちです。

もうひとつのTwitterアカウントは
同じように体調や精神的に
辛い想いを共有してきた方々です。

同じ苦しみを経験したからこそ
辛さも切なさも自分のことのように
心配して暖かい声をかけてくれる
「同志」のように思ってるなかまです。

だから、必ずその時は、
私の代わりにツイートしてください。
お願いします。




死んだあとまで
いろいろうるさく注文してごめんなさいね~


最後に、旦那ちゃん、のび太に、
一言言いたいけど、

まだ、死ぬつもりないから、
また、後でゆっくり愛を込めて書きます。


とりあえず、事務的な事については以上です(^-^ゞ

お手数おかけしますが、
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
| 遺書的記事 | コメント(2) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。