2013-06-25 (Tue)
命にかかわる病気を続けざまにして、
でもさ、人間の死亡率って100%なんだから
病気くらいなるでしょ!

なんて、結構打たれ強いし平気だと思ってた自分。

でも、病気がきっかけで
パニック障害と不安障害なんて
デリケートな精神的病を患って、

人って簡単には死なないけど
結構弱い生き物なんだ

って思ったり、


人って死ぬ時は簡単に逝ってしまうけど
その人の残した「想い」は
簡単には消えたりしない

って思ったり。



で、私も、いつ死ぬかわからない。

病気はちょっと落ち着いてるが、
精神的に不安定だから
万が一、死にたくなることが
絶対ないとも限らない。

まあ、死ぬ予定はないけど。

自分で動けるなら
80くらいまでは生きたいなと思うけど。

でも、身体、弱いしね、
病気じゃなくても不慮の事故とか
思いがけないこともあるわけだし。


そのために、このブログ、
書いてるのよ。

息子に言い残したこと山程あったら
成仏しようにもしきれないじゃん(笑)


のび太の育児日記であり、
発達障害児の成長記録であり、
高機能自閉症児の家族と社会との
葛藤の記録であり、

のび太がみんなに望まれて産まれ、
たくさんの人たちに愛されて支えられ、
のび太がかかわる人たちの
希望であったことの記録です。

そして、お母さんの遺書でもあります。



のび太は自分の特性について
「何となく知ってる」
「でも、今は詳しく知りたくない」
と、言ってたよね。

「それじゃ、知りたくなったら
いつでもちゃんと答えるから
その時は聞いてね♪」

なんて、軽く言ったけど、
知りたくなる前に
お母さんが死んじゃうことも
あるかもしれないじゃん。

お父さんがちゃんと教えてくれるだろうけど、
お母さんも言いたいじゃん(笑)


お母さんの気持ちを
のび太に伝えるためには
ここに、小さな出来事も
ちょっとした可愛いエピソードも、
あんなことやこんなことで
ムカついたこともいろいろあったけど、

そういうことをその時の気持ちを
残したかったのさ。


だから、書いてます。

書き続けます。

定期的には書けないけど、
お母さんにはのび太に残せるものが
何もないからね、
このブログしかないからね、


だから、これは、遺書です。


次の記事に「遺書」として
大切なことを書きます。

今までの記事、全てが
遺書であるといっても過言ではないけど
もっと、「遺書」らしいことを
遺さなきゃと思ったの。

のび太もお父さんも
どうか私の意志(遺志?)を
理解して尊重してくださると嬉しいです。
スポンサーサイト
| 遺書的記事 | コメント(0) |







管理者にだけ表示を許可する