2013-06-14 (Fri)
私のアスペ仲間に
フワリちゃんという女の子がいます。

彼女は幼い頃から
自分がアスペルガーであることを
ちゃんと受け入れて
自らの特性を自覚し、
一生懸命アスペルガーの自分を生きています。


私が最も尊敬しているアスペルガーの方です。

以前、東日本大震災でこちらが大変な被害に遭い、
ライフライン切断し食料も手に入らなかった時、
フワリちゃんのママさんが
たくさん食料や日用品を送って下さいました。

本当にフワリちゃん一家は
愛に満ち溢れた方々です。

その震災の時に送って下さった荷物と一緒に
フワリちゃん直筆の絵本が
数冊入っていました。

アスペの子供たちなら
おそらくみんな経験すること、感じること、
そして「発達障害」と分類されるアスペルガーの世界を、
「障害」なんかじゃないよ、
特別な使命とステキな感性を
神様から授かって産まれたんだよ!

って、言ってくれてるような
メッセージが散りばめられていました。



その、フワリちゃんが小学4年生の時に書いた絵本が
以前、出版されました。

そして、さらに
日本国際図書評議会(JBBY)の
JBBY賞を受賞しました( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆




わたしもパズルのひとかけら
(アスペルガーの心) フワリ著
←Amazon

偕成社(フワリちゃんの本の紹介ページ)

皆さんもご存知の絵本や絵本作家さんたちと
肩を並べての受賞です!!!

素晴らしい!!!


是非、発達障害やらアスペルガーとか言われてる方、
そんな天使たちを育てているお父さんお母さん、
そんな天使たちと関わる学校関係者の方、
そしてもちろん、社会のどこかで必ずアスペ天使たちと
関わっている多数派の方々にも読んで欲しい一冊です。


きっと、読み終わったあと、
アスペルガーであることに誇りを持てる一冊です。



フワリちゃん、フワリちゃんのママさんとは
このブログを通じての長いお友達ですが
(ブログはこちら→パズルをね、完成させなきゃ、そうかもね

お互い、幼い頃から辛い事もステキな事も
共有してきたような、
「同志」のように勝手に私は思っています。

だからこそ、フワリちゃんの受賞は嬉しい!

本を出版するだけでも素晴らしい感性だからだと思うのですが
さらに、こんなすごい賞を受賞なんて!!!




のび太もフワリちゃんみたいに
自分の特性を愛せるように
私たちも関わっていきたいと思っています。



フワリちゃん、本当に、おめでとうございます。

これからもフワリちゃんが綴る言葉が
バリアフリーの種をまいて
優しい気持ちが世の中に広がりますように。

そして、のび太と私の一歩先を歩くフワリちゃんのパズルの
1ピースになれたら嬉しいな、
なあんて思っています。
スポンサーサイト
| 子供の発達障害に悩む方へ | コメント(4) |







管理者にだけ表示を許可する