-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-04-01 (Mon)
生死さ迷う病気してから、
やっと、体力も少しずつ回復し、
愛犬ロックの散歩も行けるようになりました。

しかし、退院後から去年、手術した、
甲状腺全摘手術痕がますます苦しくなり、
精神的に落ちていきました。

手術痕は首。

呼吸が出来なくなるような、
ずっと首を絞められているような、
食べ物も飲み込むのすらつらく、

ふとしたきっかけで、
気が触れてしまいそうな…





通院している県立病院に隣接している
県立精神病院に予約をとり、
診察しました。



幼い頃からの生い立ち、
家族構成、学校生活の頃のこと、
家庭のこと、仕事歴など…

さまざまな問診を受け、
今、一番辛いこと、苦しいことを
問われました。



二度、婦人科の手術をし、卵巣を摘出して、
去年は甲状腺がんで全摘、
その後から、外科的には問題ないのに、
手術痕の苦しさで
何度も外科の主治医に診察外にも
相談に行ったり、

苦しさのあまり夜間救急に
何度も駆け込んだこと、

それらが過呼吸だったこと、

そんなこんなのうちに、
年末に生死に関わる急病で倒れ、
奇跡的に麻痺もなく退院できたこと、

その退院後から、甲状腺手術痕が、
ますます苦しくなり、
もう、この苦しさのままで生き続けるのさえ
辛く思えてどうしようもないこと…





主治医は言った。


よく、受診してくれましたね。
その若さでそれだけの大病が続いたら
余程、苦しくつらかったでしょう。

気持ちが不安定になっても当たり前ですよ。

あなたはちゃんと呼吸できています。

外科の主治医の紹介状にも異常なしと
ちゃんと記されています。

奇跡的に助かった命、
大事にしていきましょうね。

あなたの診断名は「不安症候群」です。

このまま放って我慢していたら
鬱病になりかねない状態でした。

早く受診してくれて良かったです。

でも、心の不安定な病気は
すぐにパッと治癒するものではなくて
ゆっくりじっくり向き合う必要があります。

大丈夫ですよ。

ご自分で自覚されて受診されたまっぷーさんは
ご自分の心とちゃんと向き合って
生きているということですから、
心配いりませんよ。







号泣しながらいろいろ話した私に
主治医はこう言ってくださった。


それだけで、心のモヤモヤが
晴れていく気がした。




ただいま、投薬治療中です。





ちなみに、甲状腺がんの術後一周年の検査は
転移もなく、無事にクリアしました。
スポンサーサイト
| 母のつぶやき | コメント(2) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。