-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-02-27 (Wed)
「奇跡①、②」の続きですのでそちらからお読みください。





手術しなければならない状況は
全く見当たらなくなり、
あとはずっと寝っぱなしだったために
とにかく体力が低下した。


ふつうに真っ直ぐ歩くのもフラフラする。

そこで、リハビリ開始。

最低限の家事が出来るよう…
という意味合いだったが、
リハビリの先生いわく、

「もう、まっぷーさんくらい回復してれば
家に帰って普通に家事したほうが
よっぽどリハビリになる」

とか(笑)


という訳でリハビリ開始から4日後、退院。





つまり、私はこの疾患の10%未満の
奇跡の患者である。




退院してきて、何気ない会話で、

「お母さん、前に(のび太がイジメで辛かった時)
『ツライ事が100あったら次にいいことが
100あるんだよ』って言ってたけど、
お母さん、一年に二度も大きい病気して、
もしかしたらいいことが200あるかもね」


と、ちょっと涙ぐんで言った。

のび太が小2だったら、ギューって抱き締めたかったけど、
中2だからね(笑)

「長寿日本一目指すよ」

とか言って涙をごまかした。



あちこちの友人から、御守りを送っていただいた。

遠くの友人達から、何度も励ましのメールもいただいた。

お馴染みのMちゃんママにはのび太の登下校、部活の送迎までお世話になった。


そして、何度も何度も病気しては
いろんな覚悟を強いられてきた旦那とのび太。


ごめんね。

そして、ありがとう。

本当にみんな、ありがとう。




生きてます。



♪手を繋ごう 生きている
それだけで奇跡なんだよ♪

知ってる人は知っている、
マイナーな曲ですが、この歌詞の意味を実感してます。



生きているということは奇跡です。
スポンサーサイト
| 母のつぶやき | コメント(1) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。