-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-07-06 (Fri)
今現在、いじめ、という軽い言い回しにごまかされたまま
辛い思い苦しんでいる人に伝えたい事があります。



いじめがわかったら、小さいことでも全て学校に報告して欲しい。

「いじめ」などという軽い言い回しでごまかされてはいけない。

「いじめ」と言うものは、
「恐喝罪」であり「侮辱罪」であり、 
時には「暴行罪」「傷害罪」「器物破損罪」「窃盗罪」にあたる
れっきとした「犯罪」として成立すると言う事。

こちらが被害届けを出せば
「犯罪」として捜査されるのだということを
こちら側も、学校側、いじめる側にも認識してもらう事が必要である。


担任でダメなら教頭、それでダメなら校長、
それでダメなら教育委員会、それでダメなら、
警察に相談するしかない。

担任でダメだった時点で、子供は学校を休ませるべきだ。

校長でもダメだったら、絶対に学校に行かせてはいけない。

校長でもいじめを改善されない学校は、
子供にとって武器も防具もない状態の戦場でしかない。

人間の尊厳を大切にすることを教育できない学校に
勉強を教える資格はない。

子供の命より、自分達の立場を守る事で
言い訳を繰り返すような学校はもはや「教育の場」ではない。








以前、書いた記事の抜粋です。


元記事はこちら→「人間の尊厳を守れない学校に行ってはいけない」


是非、読んで頂きたい。



そして、もうひとつ。


いじめられている人、いじめを受けている子の親、
いじめの記録をつけてください。
いつ、誰にどんな事をされてどうしたか、

お金が絡んでいる時は金額も細かく、
怪我をしたときは出来れば病院で診察を受け、
出来れば診断書を取る、
無理なら医者の言葉を録音してもOK(医者の許可を得て)

できるだけ詳しく細かく書くことで
別に裁判などにならなくても
問題が明らかになった時に重要な証拠になります。


相手や教師はほとんどの場合、いじめを認めませんから。


その時の重要な証拠になります。





それから、

絶対に死なないで。

死んではいけない。絶対に死なないで。

そして、とにかく、逃げなさい。













いじめのニュース。

それも聞くに堪えない内容のいじめ。

我が子もいじめを経験したものとして
聞くだけでも辛すぎて悲しすぎて怒りが収まらない。


のび太も辛いいじめを経験した。
(4年生2008秋~2009春あたりに詳細記事)

経験したからこそ、
あまり詳しいいじめの内容などの報道は
聞きたくない、というのび太。


いじめがあるクラス(もしくは学校)の教師は
絶対にいじめを認めません。


のび太の当時の担任も

「子供同士の小さないざこざはあるけれど
 いじめはありません」

と前日いじめの相談に訪れた私の前で
保護者会で言い切りました。



本気でいじめや子供同士の不平等感をなくそうとする教師は
包み隠さずいじめや問題をオープンにします。


これは経験上、ほぼ確実と言っていい教師の意識と態度の差です。




結局、いじめが平気で起こっているクラス(学校)の教師も
いじめ加担者です。

いじめている子供たちを指導できなかった事実は
ある意味、加害者である子供よりも重罪です。


教師でありながら子供たちを正しく指導できなかった、

これは教師失格であり、犯罪を助長したということで
人としての罪は重いものであります。



加害者である子供たちも、
見逃してきた、あるいは一緒に笑っていた教師も、
一生、罪人です。



いや、一生、苦しんで欲しい。










スポンサーサイト
| 母のつぶやき | コメント(5) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。