-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-06-20 (Wed)
「今日、美術の時間に、
 絵を見て感想を書く、ってのがあったんだけど、
 ボク、その絵を見て気持ち悪くなっちゃったよ~」

「え?気持ち悪い絵だったの?」


「風景の絵だったんだけど、
 ほら、点描画っていうの?
 点々で描いてる絵・・・」

「ああ!あるね~」

「あれ、気持ち悪くて・・・
 点々点々・・・って
 みんなに、なんで?なんで?って不思議がられたけど、
 あれ、近くで見ると、
 鳥肌が立ってきて見てられなかったんだよ~」



古い記事にも書いたことがあるのですが
これは、ゲシュタルトというらしい。

(過去記事・・・興味のある方はこちらを→「怖い模様」
                    「なんかイヤなものたち」)


点描画のように細かいものの集合体(で全体像を作っているもの)
連続の同じ模様、
繰り返し続ける同じメロディー、


そういったものに恐怖感や不安感を覚えることが
特に発達障害の人に多く見られるのだそうで。



私も昔、家の木目が怖かった。

木目を近くで凝視するとなにやら永遠に終わらない「何か」が
こちらに迫ってくるような感覚になって。


あと、やはり同じフレーズを必要以上に繰り返す音楽が嫌だ。

主旋律じゃなくても、メロディーの後ろで
ずっと響き続ける同じフレーズのリピートが
苦しくて苦しくてたまらなくなってしまう。



おそらく、感じない人には、

何故、そこばかり凝視するのか、
何故、そこばかり気にして聞くのか、
気持ち悪いならそこに注目しなきゃいいだろう、

って思うでしょうが、

気にしないようにしてもどうしてもどうしても
意識はその不快部分に吸い込まれてしまう・・・






人それぞれ、好みが違うように
不快に感じる感覚も人それぞれで、
そういう部分を100%理解して欲しい!とは言わないけれど、

人それぞれなんだ、
同じものに対しても
いろんな感覚、いろんな感じ方がある、という事を
お互いに認め合っていけたら、
お互いにもっと楽に関わりあえるのかな~

などと、思うのであります。





スポンサーサイト
| 発達障害の不思議 | コメント(6) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。