-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-12-27 (Tue)
私がお風呂に入っている間に
おばあちゃんから電話があったらしい。





「で、おばあちゃん、なんだって?」














「・・・・・・・・・・・・・・う~ん・・・っと、









 なんていうか・・・・・・・・・・・・・・・・・










 えっと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・














 お父さんから電話があって?



 お父さんに電話があって?


 
 ん?おばあちゃんが明日?





 えっと・・・・・・・・・・・・・・・・・」














さあ、どうでしょう(笑)



中1、13歳の電話の伝言です(笑)










私「で、おばあちゃん、お母さん(私)にどういう用事だったの?」




のび太「・・・・・・・・・・・・・・・  
 なんだろう?」











私「はい、おばあちゃんに電話してもう一度用件聞いてね。
 で、ちゃんとメモして。
 いつ、誰が、どこで、何を、どうするか、を聞いてね。
 理解できなかったら、のび太の方から
 聞き返して確認する事。

 最後に、言われた事を確認して、電話を切る、
 ということで、はい、電話して聞いてね」







電話、させました。


「えっと、よくわかんないからもう一回言って」

「え?何?なんだって?」



そう。

おばあちゃんは方言だらけで聞いた事のない言葉が
時々出てくるのでヒアリングがね、難しいんです(笑)



それにしても、全く何一つ伝わらなかった事には
ビックリしました。


いくらASとはいえ・・・






私「のび太は『聞き取る』のが苦手だってわかってたよね?
 だったら、その苦手なところを補うには
 メモする、字に残す、ってことしかないんだよ。
 だから、なんでもとにかく『文字に残す事』だからね」





改めて、指示をし直した、冬休みのひとコマでした。















スポンサーサイト
| 我が家の自閉症との関わり方 | コメント(4) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。