-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-11-21 (Mon)
部活について、あれこれ思い悩むのび太。

「ついに動き出す!」ところまでは行ったのですが、

なかなかまとまらない意見や、
どういう風に学校側に気持ちを伝えるのがベストか、
いろいろ考えているうちに、

「自分でもどうしたら良いのか
 頭の中がゴチャゴチャで解んなくなっている」

と、叫んでいます(笑)




ヤル気がある人と、
それほどヤル気のない人と、
どうしても温度差がある。

そこをどうやって意見をまとめるか、
先輩との折り合い、などなど、
普通でも難しい問題を、
AS系人間のび太が理路整然と対処できるはずもなく、
迷いに迷っています。


「そういう時は、箇条書きにしたり、
 図に描いたりしてみればいいんだよ」

などとアドバイスしたり。






人はみんないろんな考えがある。

みんな、自分と同じ気持ちではない。


そういう事を実感しているようですね。






ある日、先輩が、

「このトレーニングいいんだよ。
 体幹を鍛えるんだ」

と、言ったら、

女子が口をそろえて

「タイカンってなんですか~?」

と、聞いてきたそうで。




のび太は

「体幹も知らないで陸上やってるなんて
 信じられない。ありえない」

と、呆れていたのですが・・・


「いや、でもね、みんながみんな、
 のび太や先輩達みたいに家でも自主筋トレしたり、
 ネットで鍛え方を研究したり
 してるわけじゃないんだよ」

というと、



「だって、Mちゃんとか『部活、真剣にやりたい』
 って言ってるくせに『体幹』が
 わかんないって言うんだよ~」


と言うので、

「あのね、ヤル気がある人全員が
 のび太みたいにアレコレ調べたり
 いつも部活のこと考えてるわけじゃないんだよ。
 同じ『ヤル気がある』人でも
 その度合いは人それぞれなの。
 のび太みたいに、ヤル気100%ばっかりじゃないの」



と言うと、



「ええ~!そうなの~?
 ヤル気がある人はみんなボクと同じように調べたり
 家でも筋トレしたりしてるかと思った」





まさか?!

そんな人ばっかりだったら
キミ達の部活、スゲー成績上げるでしょうよ(笑)



のび太みたいにやれる事は何でもやって
とにかく成果を出したい人もいれば

やれる事はやりたいけど筋トレは家ではしない、とか

ヤル気はあるけど部活の時だけ頑張る人、とか



同じ「ヤル気がある」でも
そのヤル気度合いは様々である、

つまり、

「世の中に自分と100%同じ考えの人はいない、
 と、思っていた方がいい」


と言う話をしたのですが・・・(汗)





なかなか納得できないようなのび太(笑)


でも、中学生で「人の気持ちは100人100様」を
実感できてよかったと思うよ。


私、大学の時に同じピアノの先生についてた子が
今思えば、「ドップリAS」な人だったんだけど、

「世の中、全ての人間が自分と同じ考えだと思ってた」
「こんなにいろんな考え方があるんだってビックリした」
「いろんな考え方が世の中にあって信じられない。
 訳がわからない。ありえない」


と、カルチャーショックを受けてた子がいたんだけど、

その子、本当に箱入り娘だったらしく、
さらにいかにもASな行動でみんなを振り回してたんだよね。


今だから、あ、ASだよね、仕方ないよね、
私もそうだから、って思うけど、

ASなりの世間の荒波にもまれ続けてた私には
かなりこの子がキライだった(笑)



だから、のび太は早いうちにそういうことを実感できて
よかったんだと思う、うん、うん。



凝り固まった自己って、なかなか変えられないからね。

若いうちに、早いうちに、
世間や他人との壁にぶち当たった方が
ASは特にいいんだと思います、はい。






世の中に自分と100%同じ考えの人はいない

これが、ASにとっての格言でしょうか(笑)












スポンサーサイト
| 発達障害の不思議 | コメント(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。