2011-10-18 (Tue)
P中学の子たちはみんな感じがいい。

P中学ののび太の部活の同級生や先輩達と
ちょっと喋っても
すがすがしくさえ感じてしまう。

P中学に行事などで出向いて、
不快に感じた事は一度もない。

なんというか、
けがれなき学校、けがれなき少年少女、
という雰囲気さえ漂う・・・










どうやら、P中学の子たちの親は
圧倒的に医者や教師の子が多い。

要するに、いいとこのお子様方。

夏休みの旅行も我が家みたいに
近場のペンションとかちんまりしていなし。

スペインとかフロリダとかに簡単に行っちゃう
ご家庭ばかりで、
我が家のような中流一般家庭で
住宅ローンにぜーぜーしてるような家庭は
あまりない(笑)

だから、みんなおっとりしていて穏やかなのかな。

まあ、うちの子は別の意味で穏やかだけど
生活レベルの違いがありすぎて
話が合わなかったりするのだよね(汗)






そんな場違いな学校に入学しちまった(笑)のび太。

でも、このまったりした雰囲気がとても心地よいようで



「なんか、気持ち楽に学校に行ける」


と、ふっともらした。




ほほ~・・・

確かに勉強はハードで宿題課題の量はハンパないし、
テストの平均点もビックリするほど高レベルで
ついていくのは大変なんだけど

勉強よりも学校の雰囲気というか、
きちんとしていて真面目が当たり前で
勉強も頑張るのが当たり前で

反抗的な子もいないから落ち着いて生活できるし
いざこざがあっても、
「ドラえもん」に出てくる「出来杉くん」みたいな子が
ちゃんとまとめてくれるらしいから、

本当にのび太には合ってる学校だったんだな、
と思うのだよ。





だって、のび太の地区の中学校は
一生懸命勉強していると「ダッセー」とバカにされ、

真面目に校則を守るのは「ありえない」らしく、

ちょっと反抗的に見つからない程度に
「規則違反」的なことをするのが「普通」・・・

なんて、そんな高度テクニックな生活、
のび太に出来るはずないもんね。




ただ、純粋培養みたいで
高校になって外部からの子たちも混ざった時、

この子たち、大丈夫かな?

って感じもありますが(笑)





のび太みたいな発達障害のタイプの子には
こういう学校を探すのがいいかも。

・・・と、思ったりします。



でも、なかなか難しいですけどね。



参考までに・・・











あ、でも、親はツライです(笑)

周りの親達と話も合わないし
全く異質なワタシですけどね(笑)









スポンサーサイト
| 発達障害児公立中高一貫校での生活 | コメント(2) |







管理者にだけ表示を許可する