2011-09-08 (Thu)
のび太市の中央部を流れる川の堤防には
桜並木がある。

こちらでは毎年、4月中旬~後半に満開を迎えて
それはそれは美しい景色を作り出す。

これは私が幼い頃からずっと変わらぬ景色だった。





その桜並木が今度、堤防の改修工事のため
全て伐採されることにいつの間にかなっていた。


中学の時も高校のときも
よくこの桜並木の下を友達と
ダラダラ歩いていたよな。

のび太が今、よく部活で使っている競技場の高台から見ると
それはそれは美しい桜のピンクの曲線が
川に沿って描かれていてため息が出るほどだ。


のび太が小さかった頃は
しょっちゅうMちゃん親子と遊びに行ったよね。

たっぷり昼寝をさせようと午前中は毎日、
堤防の公園でガンガン遊ばせて桜の下でおにぎり食べて、
車で帰る頃には爆睡・・・という、
いつものスケジュールだったなあ。





この堤防の桜並木のすぐ横にあるのび太の通うP中学。


今年は震災の影響で4月中旬の入学式だったので
そのおかげでキレイな桜並木が
入学を祝ってくれたよね。

震災でみんな気持ちがブルーだったけど
あの桜がほんの少し希望を抱かせてくれた気がした。


その桜並木の花吹雪の下を
たどたどしい自転車ののび太は通ったよね。




きっときっと、この街の人たちは
みんなあの桜に何かしらの思い出があるはず。

その桜がなくなります。





仕方ないよね。

でも、寂しいよね。






のび太も2011年、震災の年ののP中学入学式を思い出す時、
あの桜並木を思い出して欲しいな。






バイバイ、桜。










スポンサーサイト
| 母のつぶやき | コメント(0) |







管理者にだけ表示を許可する