-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-02-20 (Tue)
自閉症支援の専門家の方と、自閉症当事者の方の対談形式の本を読みました。

これが、面白かった!!

当事者の方の飾らない言葉に、胸が痛んだり、ショックを受けたり、でも生き生きとした感性に感心したりして読みましたが・・・

その中で「情報処理の大変さ」にうなずいて読んだ私・・・

お風呂で体を洗うのも段取りをまじめに考えすぎて疲れる、

食事を作るにしても、野菜を使い切れず、どうしたらいいか考えるうちに作れなくなる、

季節の変化に身体や服装を合わせることが難しい・・・


まさに、のび太の生活と同じ

のび太は小学校に入る前に6年生までの漢字を普通に書いていました。
でも、自分はたくさん漢字を知っていても、今現在、学校で習って使ってもいい漢字を使い分けるのに四苦八苦していました。

今は「頭の中に『知ってる漢字の部屋』と、『習った漢字の部屋』を作っていて、学校で習った漢字は部屋を移動させる」らしい。

最近、漢字熱が上がりっぱなしで、知らない漢字や読みを聞くと、
必ず辞典を引いて確かめるのび太。

そして、その漢字を思い出すとき、
「辞典の○ページの○段目に書いていた」という情報もインプットされている・・・

これはスゴイ情報量をかき込むメモリーカードだよ



のび太は毎日夜7時から、見るテレビが決まっている。

だから家に帰ってきてすぐに、7時までのタイムスケジュールを考えるらしい。

宿題やって、DSやって、ご飯を食べて、お風呂に入って・・・

この予定が崩れると、我慢できないらしい

私の食事の準備が遅いとイライラし、
自分が食事中にドラえもんやDSのことなんかを考えながら食べたため、遅くなると自分にイライラし、
お風呂もその為、テキトーに洗ってるのが見え見えで、時々ちゃんとシャンプーが流れてないまま上がってきたりする。

とにかく、7時にはパジャマを着て、テレビを見る体勢でいたいらしい。

これでも、大分、柔軟にはなってきたと思うが、
本当にこの予定が崩れたときのつらさや、気持ちの悪さというものを、初めて知った気がしました。


幼稚園の頃、半袖から長袖、長袖から半袖に変わると大騒ぎして嫌がったのび太。

こういう変化にも対応するのが難しいんだろうね。

そういえば・・・

以前、「歯磨き手順カード」を作ってあげました

「『あ』の口で上の奥歯」などと書いて場所を示す絵をつけて。
今でもこれを見ながら磨いてるのび太。


パニックを起こすには必ずわけがある。
私たちが感じる何倍ものつらさや違和感をを感じて生きている。

私たちが察して、理解してあげないと・・・

などと思ったのでした。


よかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
スポンサーサイト
| 我が家の自閉症サポート | コメント(8) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。