-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-09-06 (Tue)
「私、妖精を見たことあるんです」とか、

「家に小さいおじさんが住んでいます」とか、

「お花と会話しています」とか、

有名人がテレビで言うと、



「うっそ~!」

「大丈夫ですか?」

「ハイハイ・・・」

って、大抵の場合、相手にされなかったり、
変人呼ばわりされたり、
不思議ちゃん扱いされたりしますが、






のび太、小さい頃は確実に見ていましたよ。





誰もいない暗い部屋に走っていって
まるで誰かに話しかけるように喋ったり、
(当時、会話が出来ていなかったのに
 一体、誰と会話っぽい事してるんだ?って
 思っていました)

のび太の幼なじみのMちゃんなんか、
家に「マキロちゃん」という女の子が住んでいて
(Mちゃんは一人っ子)
おやつやお土産は「マキロちゃんの分も」
といって、残しておいたり、
「マキロちゃんが~~って言ってた」と
会話までしていたらしい。



もしかしたら、やわらかい心を持った子供には
誰でも見えていて、
成長したり饒舌に話せるようになったりすると
だんだん見えなく(感じなく)なるのかも知れないね。








で、ワタシ・・・



さすがに妖精は見えません。

でも、そういうことって、あるよね、
そういう妖精っているだろう、と思ってます。

「誰にも言わないから私に姿を見せて!」

って密かに願っているんだけど
やっぱり私みたいにドロドロした人間には
ムリみたいで。




言葉を持たないものと、さすがに会話は出来ないけど、
「あちら」の気持ちとかが
こちらに訴えられているんじゃないか?

って、思うことは多々あって。









でね、これ、定かじゃないんだけど、
最近、私に何かが語りかけているような気がしているんだけど(笑)





昔から、たまに耳元で
ラジオのチューニングを合わせる時の音(ノイズ?)が
ギュイーンビョンビョンとかして、
それが何かに話しかけられている気がするんだよね。

耳元にラジオか携帯でもあるみたいに
至近距離で聞こえる。

何かが私に周波数を合わせようとしてきているのかな?




幼い頃、あまり親しい友達とかいなかった私、

「あ、私、この人と仲良くなる」って
ピン!と来る人と出会ったときも
こういう音がしてたんだよね。


誰にも言った事ないけど。

だって、そんなの後からどんな風にでも言えるし、
「うっそ~」って言われるのが関の山だよね。



だけど、これ、ホントなんだよね。

転校して入学した中1の時、
今でも親友と呼べる友達と出会ったときに、
初めて体験したんだけどね。

その後、実は高校2年の時、
旦那と会ったときも同じ体験したんだけど、
その時はまさか何年か後に結婚するなんて思わないし、
別に好きだった訳でもなかったし、
当時はほとんど言葉も交わしたこともなかったし、
そういう特別な体験とも想像もしなかったし。



あとは、今でも親しくしてるMちゃんママと
子育てサークルで出会ったとき。




そのくらいしかなかったから、よく覚えてるし、
不思議な感覚だったから忘れられないでいて。



で、最近、月に1度くらいかな?
同じようなチューニングのノイズみたいな音が
聞こえてくるんだけど、

頻度が増してるのでなんか気になってて。



一体、なんだろう?







何か、私に交信しようとしてる???








う~ん、うちの愛犬ロックかな?(笑)





「もっと、おやつ食わせろ!」とか(笑)













スポンサーサイト
| 母のつぶやき | コメント(6) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。