-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-07-28 (Thu)
のび太は今、毎日5~8キロ走っている。

なんと、本来の部活と駅伝部を掛け持ちしているのだ。



来月、駅伝の大会があり、どこの中学でも
この時期だけ足の速い子を集めて
「季節活動の駅伝部」を活動させる。




もちろん、1年生は3年生にとてもじゃないが敵わない。

大会に出るのもほとんどが3年生なのだが、
1,2年生は1,2年後のための練習と心構えとを訓練する、
と言った感じらしい。


のび太の本来の部活、陸上部は、
中学の顧問の先生がおらず、練習もゆるくて、
グダグダしていて、のび太はウズウズしていたので、
駅伝部はかなりハードでついていくのがやっとだけど

「グダグダしているよりずっといい」

らしく、何とか頑張っているようだ。







先日、のび太小学校に卒業アルバムを受け取りに
のび太が出向いた。

担任だったC先生と、陸上を教えてくれたK先生とお会いしてきたようだ。



「ボクが駅伝部もやってる、って言ったら、
 先生達、ビックリしてた」


そりゃ、そうだろうよ。

小学校の時ののび太は運動苦手、球技はNG、
走るのは遅くはないけど決して速くもない、
どちらかと言うとぎこちない余計な動きが多く、
それは周りの誰もが感じていたし、
のび太本人も「運動、キライ」と言っていた。

それが、ごくごくわずかな才能のジャンプ力を見出して下さり、
走り高跳びをさせたところ、あれよあれよと言う間に
バーを飛び越えていった。


それが、全ての始まりだった。


中学校では陸上部に入る!

地元の中学にはのび太が出来るような部活動は全くなく、
P中学を目指した理由のひとつは、陸上部がある、
ということだったのは大きい。




しかし、走り高跳びをするために
P中学の陸上部を目指したのに
いろいろ学校の事情もあって、陸上部は残念なクラブだった。

活動場所も顧問の先生もなく、
子供たちだけで何とか形だけやっていた。

ランニングも筋トレもする場所も限られているのに
走り高跳び、なんて、到底出来る状況にないことは
KY気味ののび太だってさすがに悟る。


しかし、走ることも結構、いける?!

中距離にシフトチェンジした。

新人戦は800で出られるように・・・を目標にした。





しかし、先日の大会で走り高跳びの競技を見たら・・・




「やっぱり、ボクは走り高跳びをやりたい!」

と、気持ちが復活してしまった。




そして、なんといっても決定的だったのは
受け取った小学校の卒業アルバムに、
市内小学校の陸上大会で走り高跳びのバーを跳んだ瞬間の
のび太の写真が使われていた事だ。


その写真は、チョーカッコよく、
バーをクリアする瞬間ののび太がキラキラとしている。





これ見たら、絶対、やりたくなるよね・・・










学校の部活動ではムリなので、
来月から陸上を教えてくれるところに通う予定です。




片道、車で1時間・・・(汗)


うぐぐぐ・・・






でも、のび太の願いが叶うように
協力は惜しまないよっ!







のび太の部屋には目標が掲げられていた。




「目標!

 新人戦は走り高跳びで160センチ跳ぶ!
 
 800㍍で決勝進出!



 『自分の力を信じてる・・・』(AC~♪)」




最後の「AC~♪」・・・覚えてますか?


震災後、一時期、盛んにCMで芸能人が言ってたセリフです・・・







笑える・・・














スポンサーサイト
| のび太のあれこれ | コメント(4) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。