2011-07-04 (Mon)
のび太は、アツク情熱的な人が苦手。


熱血漢、とか、ヤル気満々とかを
人に向けてくる人が苦手。





だから、P中学のような「文武両道」を目標にして


熱くなれ!燃えろ!


とか言うタイプの先生は

「引いてしまう」らしい(笑)







ある日、テレビで元テニスプレーヤーの松○さんが
子供たちにテニスを熱血指導しているのを見て、


「ああ、もう、ボク、耐えられない・・・」


と、部屋に避難したほど(笑)











で、P中学にもアツイ教師はいた(笑)


その名も「シューゾー先生」(もちろん仮名だよ)!





この先生、のび太の部活の直接の担当ではないが
遠征する時など引率担当らしく、

時々、廊下で会ったりすると、


(シューゾー先生のイメージ絵文字)「おお!のび太~!
 どうだ~記録、伸ばしてるか~!」


と、大声でメチャクチャアツク強く激しく(笑)
語りかけてくるらしいのだが
のび太はどう対処したらいいか解らないらしく、

「あ、えっと、あ・・・」

などと口ごもっていると


「お~い!腹から声出さないとだめだ~!
 朝飯、ちゃんと食ってきたのか~?」

などと、ド迫力の勢いで(のび太談)返してくる。



それがまた、

「苦手」だとか(笑)



そんな調子で、

「しっかりしろ~」

とか

「ガンガン行け~!」

とか

「死ぬ気でやれ~」

とか


いつも言っているので、
シューゾー先生をいつも避けていたのび太(笑)

(シューゾー先生は3年生の担当なのでのび太の授業はない)






で、またまた、ある日、
シューゾー先生と出くわしたのび太。


ああ、目があっちゃった、


ああ・・・どーしよー!


今日は何を言われるんだろう~




ひょえ~!!!







「お~い!のび太~!!!」



あああ・・・やっぱり来た~!!!




「・・・はい・・・」












「お前さ、テスト、結構いい成績なんだってな~
 やるじゃん!

 この調子で行けよ~!

 部活もガツンガツン行け~!」







何を叱られるか、何をけしかけられるかと
ドキドキしていたら



「誉められたから、ビックリした・・・」







アツイ人はアツク気合をかけるけど、

アツイ人は誉める時もアツサを忘れない(笑)






のび太、「アツイ人」が、

ちょっと、イヤ ではなくなった、

ひとコマ。







スポンサーサイト
| 発達障害児公立中高一貫校での生活 | コメント(6) |







管理者にだけ表示を許可する