2011-06-17 (Fri)
先日の事、

7時過ぎても帰らない、
旦那の方が先に帰ってくる・・・

心配になって、旦那にのび太の様子を
車で見に行ってもらった。



「大丈夫。銀行のあたりをダラダラ
 自転車こいでた」


部活でヘロヘロらしい。

銀行のあたりなら自転車で10分もあれば帰るだろう。







・・・・・遅い・・・・・

気がつくと7時半。

遅い!


と思ったら、ズルズルと自転車を引いて
帰ってきた。



「おかえり」と外に出ると、


「おかーさーん・・・ごめんなさーい・・・」

泣いてるし(呆)


「自転車パンク~。
 おまけにパンクしてるのわかんなくて走ってたら
 転びそうになってガードレールに制服こすったぁ~」


見ると制服のズボンは上から下まで
真っ白にこすった跡・・・ガーン!

夏用の制服にしてまだ4日しか経ってないぞ!


おまけにパンク・・・



どうやら落ち着いて話を聞くと、
震災でデコボコになった道路は自転車を降りて
歩いて通っているのだが、

そこは平らだから大丈夫だと思って通っていたら、
実は小さい凹みがあって、そこにタイヤが取られ、
その時そのアスファルトの凹みの角で
パンクしたらしい。

で、パンクに気づかずそのまま運転しようとしたら
実はパンクしていてハンドルを取られて
脇のガードレールに横倒しになり
制服のズボンをガードレールでザーッとこすった、

と言う事らしい。


それもお父さんが車で見に行った直後(爆)





それにしても遅かったのは、
往復一時間以上歩いて競技場で部活して
(競技場へは自転車禁止、と言われたらしい)
下校時間が過ぎたので走って帰れば
陸上部が競技場で活動中という事を知らない先生達が
校門で仁王立ちしていて、そこで叱られ、
ヘロヘロで自転車40分帰ってきたところだったのだ。

とにかく、散々だったのび太。



怪我がなかったことが幸いだったか。




制服のガードレール跡は
クリーニング技術のおかげできれいになった。





4日しか着ていない夏の制服も無事に復活。








・・・・・と思っていたら、



今度は13日しか着ていない制服に
とどめを刺しやがった(怒)

ついに穴を開けてきやがっ





ため息しか出ない・・・(呆)




「お母さん、ほんっとにゴメンナサイ!」


「・・・・・で、今度はどーした?」


「転んだ。自転車で、歩道と車道の境目の縁石に
 ぶつかって転んだ」


「で、他の車とか自転車とか歩行者とかに
 ぶつかったりしてないの?」

「してない。僕、ひとりで転んだ」

「怪我は?」

「膝。この穴開いたところ、すりむいただけ」

「・・・・・ま、怪我がなくてよかったよ。
 もし、車とか通ってたら危なかったし、
 転んだ弾みとかで誰かにぶつかってたら大変だったんだよ」





怒り狂いたい衝動を抑えつつ(笑)
母親として我が子の身を案じてみたりした(汗)





しかし・・・

それにしてもさ、




自転車でそんなに転ぶかなぁ~?





部活でヘロヘロなのは解るけど、
注意力なさ過ぎだろうよ。




新しい2週間も経っていない夏の制服のズボンは
膝にポッカリ、穴・・・。



制服の膝に穴あける・・・って、
聞いたこと無いけど(呆)




車通りの多い道路を避けて通るように言ってて
ホント、よかったよ。






他にもね、ここに書けないのび太の失敗談も多々アリ、
なんというか、社会的な生活力の無さを
痛感するこの頃。



これか。

これがASの弱さなのかもな~。





中学生になって親の手を離れつつある・・・

のが大半なんだろうが、

なんか、余計、手はかかるし心配も倍増してるし。




気持ちが落ち着く暇も無い今日この頃・・・







・・・ってか、「3年間、無料お直しします」
って言われたけど、
それって、裾の長さだけ?

こーゆー不慮の穴(笑)も無料お直し対象なのか?






はぁぁ・・・
















スポンサーサイト
| 自閉症について思う | コメント(14) |







管理者にだけ表示を許可する