-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-05-25 (Wed)
またまたご無沙汰しております。

PCの調子が悪く、記事を書いている途中で
フリーズしてしまうこと数回・・・


さらに多忙も極めておりまして
ゆっくりPC生活も出来ずにいる状態です。


で、これは携帯からアップしようとしておりますが
どうも携帯で記事を書くのが苦手でして・・・(汗)





でも今日はどうしてもアップしたいので
頑張りますよ。


あ、そういうわけでお返事はかけませんので
コメント欄はまだ閉じておきます。










さて、今日の本題はここから・・・



今日の記事は、のび太への手紙です。





今日はのび太の13回目の誕生日。

のび太、おめでとう♪


過去記事ののび太の誕生日記事を読み返すと
カワイイのび太に愛情たっぷりのラブラブ記事を
毎年書いていたワタシ(笑)

でもね、もう、中学生だしね、

カワイイカワイイを連呼してたらウザがられるだろうから(笑)


でも、お母さんの気持ちは過去の誕生日記事と
全く変化していません。

(気になる方はブログ内検索でどうぞ)




さて、もう13歳か~・・・早っ!!!って感じ。

今、詰め襟で重~い指定バッグを背負って
自転車で40分通学するのび太を見ていると、
パニック大王だった幼い頃が夢だったかのように
思えることもしばしばです。

そして、フツーに同級生と何とかやっているのび太に
「高機能自閉症」なんて診断は
間違いじゃねーの?!

なんて頭をかすめたりすることもあるけど。




のび太は「みんなと同じ」「普通であること」を
いつも望んでいるだろうけど、

でもやっぱり、キミは紛れもなく
「高機能自閉症」ののび太です。

それは、生活の端々で母親として思うところです。

でも、そういう母も同じ人種なもんだから
偉そうに多数派と少数派を語れたもんじゃないけど

でも、やっぱり、社会生活していく上で
それなりに「多数派」を学んでいかねばならないなぁ、

と、のび太の行動、言動から感じ、

わが身を振り返るきっかけにもなっています。


お互い、頑張ろうや(笑)




でも、少数派としての利点を最大限有効活用して
生きていく事も素敵だと思います。

のび太は、周りから突出する事を嫌がるよね。

特別扱いもイヤだし、自分の母親だけが
先生と別室で面談する事すら嫌がるくらいだから
きっと、のび太は自分が何か特別に
何かあるのではないか、と言う事も
感づいているのかもしれないよね。




成長するとともに、余計に嫌がるかもしれない。

また、その反面、自分の突出した部分を
より自覚してくるかもしれない。


だけど、そのキミの周りとは違う感覚を
絶対に否定して欲しくないよ。

その、違う輝きを誇りにしていいんだよ。



だって、お父さんとお母さんは
のび太の「特別な部分」を
とっても尊敬しているし、誇りに思っているから。







「中学校、チョー楽しい。
 勉強も友達も部活も、全部、楽しい」

という、のび太。


悲しくて辛くて真っ暗闇の頃もあったから
余計に、今ののび太が輝いて見えます。

よかった、よかった。

今のキミが満面の笑顔で。






もし、いつか、また、辛い事があったときは
キミをここまで支えてくれた、
暗闇の中でも、キミの手を引いて
導いてくれたたくさんの人たちがいたことを
思い出してください。


そして、笑顔の時も、充実している時も、
そういう人たちの存在を、
絶対に絶対に、忘れないで生きていく事、

それが、キミの「少数派」としての使命でもあります。





13歳のキミが笑顔でよかった。


お互いに、周囲とは違う色を放ちつつ、
マイペースで歩いていこうよね。








13歳、おめでとう、のび太。














スポンサーサイト
| 母からのび太への想い |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。