2011-04-28 (Thu)
震災の被害でボロボロガタガタの家で、
唯一のピッカピカの1年生ののび太。

毎日、張り切って登校しています。



まあ、入学後もいろんなことがありました。

4年生の頃、イジワルし続けていたNくんは
やっぱりのび太のことを気に入らないみたいで
同じ小学校出身の子たちと行動をともにする時も
のび太には絶対に声をかけません。

彼は妙なリーダーシップを発揮して
他の子も巻き込んでのび太は仲間に入れないようにと
あれこれ策を練っているようです。

Nくんが他の子達を誘って登下校しているのに
のび太には声をかけません。

でも、Nくんとは今は違うクラス。

登下校の一瞬を我慢しさえすればいいし、
当ののび太は、と言えば、「別に」って感じです。

そういうことを繰り返しているようなヤツは
いつかきっと自分が恥ずかしくなったり、
自分の行動が逆にブーメランのように
自分に帰って来て自らを苦しめる事になるのです。




のび太はクラスに友達も出来てきたようで、
クラスでの生活を楽しんでいます。

部活も仮入部が始まって帰ってくるとグッタリです。

でも、部活動も楽しいようです。

少数精鋭の学校なので部活動も人数が少なく、
高校の部活動と一緒に練習する事もあるようで、
のび太にとっては年上の人たちと関わる事が
とてもいいことのように感じるのです。





のび太の学校の脇の堤防の桜並木が満開です。

その満開の桜の下を毎日登下校しているのび太は
桜の花にも気がつかなかったようです(笑)

桜、満開なんだよ、と教えると、

「今日はちゃんと桜、見たよ」だって(笑)






のび太の学校ではスクールカウンセラーの先生が
定期的に相談会をしてくださるようです。

常駐しているわけではないのですが、
この先生、のび太が幼稚園の時に通院していた児童精神科で
一度、心理検査をしていただいた事がある心理士の方。

心強いです。


この相談会は、親が相談してもいいし、
生徒が親抜きで相談してもいいし、
親子で相談してもいいし・・・という柔軟性のあるもの。

「生徒が親抜きで」っていうところも
ナイスだと思うのです。




そういえば、最近、報道もされるようになってきて
いろんな形で支援してくださっているようですが、
避難所の発達障害の子たちがとても気になっていました。

大人でもショックで辛い出来事を経験した上に
広い避難所で大勢の人たちとの生活。

慣れない場所、不安な生活で普段以上にパニックを
引き起こしかねないはず。

どうかどうか、心が敏感すぎる子供たちを
理解して受け入れて温かい気持ちで見守ってあげて欲しいです。






さて、我が家もなかなかな壊れっぷりですが、
どうしたらいいものか・・・(汗)



近所の家の傾き方が日に日にひどいことになってきているのも
気になりますが・・・
(この家は「危険家屋」で避難されています)

道路の亀裂陥没ひび割れも、なかなか補修の手が回らないのか、
放置状態で、こっちも日に日に酷くなっています。




被災地は津波被害地だけではないんですよ~!
と、叫びたい気持ちです。





余震は大分、減ってきました。

でも、地響き?地鳴り?が凄いんです。

恐ろしいです。

この辺の人々は、また大きい余震が来る、と、
誰もが思いながら生活しています。



落ち着かない気持ちを抱えながら、
日々、頑張るしかないです。













前の記事にもコメント、ありがとうございます。

いつも勇気付けていただいて
本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


お返事はやっぱりなかなか書けず申し訳ないので、
この記事のコメント欄は閉じておきますね。








スポンサーサイト
| 発達障害児公立中高一貫校での生活 |