2011-04-21 (Thu)
お久しぶりです。

まずはじめに、コメントやメッセージ、メールなど下さった方々、
どうもありがとうございます。

いつもとっても心強く勇気付けられています。

申し訳ありませんが、ひとりずつへのお返事を書けるような
心の余裕はありません。

すべてとてもありがたく嬉しく読ませていただいておりますが
そのような状態であり、お返事は出来ません。

ごめんなさい。どうぞご理解下さい。




のび太の成長記録として、とにかくたくさんたくさん、
記事にして残したい出来事があるのですが、
私の精神状態の方がついていかないまま
時間だけが過ぎていっている感じです。

コメント欄は開けておきます。

でも、私からおひとりおひとりへのお返事はないものと
思っていただければありがたいです。

それでもかまわないよ、と言う方だけ
コメントしてくだされば幸いです。









毎日毎日、震災のニュースばかりだ。

他の地区はわからないが、こちらではテレビコマーシャルさえ
AC関係ばかり。

「日本の力を信じてる」って、
一体、誰がどこに向けて言っている言葉なのか、
上から目線で被災者へ向けての言葉ではないことだけは
どう見ても明らかだよね。

個人的には、もう、津波の映像を何度も流すのだけは
止めて欲しいと思ってる。

あの波の中にたくさんの命が思い出が飲み込まれている、
と、解っていて映像を流しているのだとしたら
日本のテレビ業界って最低だな、と思う。

目にするニュースは、お涙ちょうだい的なものばかり。

感動秘話や美談ばかりを探しまわされる避難所は気の毒だ。

実際はもっとシビアで現実的で残酷なのだが。








さて、のび太地域は津波被害がないだけで
地震被害は最悪な場所だ。

ニュースはより映像として衝撃的な方を求めるので
この辺の被害など地元紙も地元局も殆ど取り上げない。

そればかりか、これだけ道路も公共施設も店舗も民家も
かなりの被害がありながら、
津波被害地に近く沿岸への交通拠点であると言うことで
被災地でありながら被災者支援を求められている地域である。




毎日、少しずつ形を変える陥没や亀裂のある道路を
のび太は30分以上かけて自転車で中学へ通い始めた。


「被災地支援」とか「緊急車両」と記された
自衛隊の車両や遠方の県外ナンバーの大型車両が行き交う。

一人で歩く事さえ危なっかしいくらい
危険察知度が低いのび太(笑)

そんなヤツが自転車で30分・・・(汗)

初めの日は帰ってくるまで胃が痛かった(笑)




そんなのび太が連日の震災関連のニュースを見て、

「こんな大変な事が起きているのにボクは無力だ」

と、終始、つぶやいていた。


自分より幼い子たちが避難所を回って物資を配っていたり、
両親を亡くした子が笑顔で頑張る姿に
衝撃を受けたらしい。

「じゃあ、のび太は何が出来る?
 何か支援できるの?」

と、聞いてみた。


「う~ん・・・」


あるはずない。


「『自分に出来る事を頑張ろう』って言うけど、
 どーゆーことかわかんない」


そうそう。

最近、「自分に出来ることを精一杯頑張ろう」って
当たり前のことをこんな緊急事態に言われても
なんのこっちゃ?って感じだよね。



のび太が入学したP中学は県内から選抜された子たちが
通う学校だ。

都会ではよくあるのかもしれないが
片道2時間の通学までして通う子もいる、なんて
数年前まではありえなかったのだ。

県内で選ばれし生徒が通う中学に
この時期に入学するのび太たちは何か意味があるんじゃないのか?

そんなことを言ってみた。


「のび太、津波でたくさんの子供たちも亡くなったよね。
 きっと、のび太みたいに勉強が大好きで
 もっともっと勉強したかったって思いながら
 亡くなってしまった子はたくさんいるんだよ。

 のび太はそんな子供たちの分も頑張って勉強すればいいんだよ。
 そうすれば、のび太が停電の時でもろうそくの灯りで
 数学の勉強してたことが、もしかしたら未来に、
 津波や地震の研究に繋がっていくかもしれない。
 大好きな地図のことが津波被害に遭った町の復興に
 繋がっていくかもしれないよね。

 この県内から選ばれたのび太たちは
 ここを復興していく選ばれし者たちなんじゃないのかな?

 今は無力かもしれないけど『今、自分に出来る事』って
 のび太たちは誰よりも勉強することなんじゃないのかな?」






遠い未来を想像する事の苦手なASタイプののび太には
ちょっと難しい話だろう、と思ったけど、
これが腑に落ちたみたいで。



「なるほど!それだったら、ボクは出来る!
 じゃあ、ますます勉強、頑張る。
 でも、この関数とかって復興にどうやって繋がるんだろう?」



確かにね(笑)








そう言って始まった新しい生活。

今はまだ、緊張と疲労の毎日。

とにかく、スタートしました。












スポンサーサイト
| 発達障害児・被災地に生きる | コメント(1) |







管理者にだけ表示を許可する