-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-02-15 (Thu)
1年生ののび太。

担任の先生は新任2年目の女のS先生。
以前、先生の「イチゴはしあわせの味だよ~」のひと言で
食わず嫌いのイチゴを克服した記事を書きましたが、この先生です。

元々、きまりや規則をきちんと守りたいのび太にとって
いろいろ気持ちの収まりがつかない事も多々ありました。

授業の始まり終わりの時間が気になって、「あと○分でチャイムが鳴るのにこんなにたくさんできない」
「○君はチャイムで席に着いていなかった!!」

など、余計な部分に意識が行き、その為に友達とのトラブルになり、
パニック状態になることもあったのび太。

パニックの時にいくら説明しても耳には入らないので
先生が「嫌な気持ちがなくなるまで気持ちを休める部屋」を
のび太に選ばせてくれました。

1,保健室
2,職員室

保健室は他の生徒も出入りして落ち着かないので
先生方が相手をしてくれる職員室を選んだのび太。

「ここで、嫌な気持ちがなくなるまで居てもいい、
チャイムが鳴っても嫌な気持ちが納まらないならズーッと居てもいい」
と言うことにしてくださいました。

「今日、掃除中○君に雑巾を投げられていっぱい泣いたから職員室に行った。
教頭先生と新聞を読んだんだ。
僕の知ってる漢字を教えてあげたら、教頭先生、ビックリしてた」

「休み時間、○君にひどいこと言われて泣いたから、
自分で『職員室に行って来る』って言って、教頭先生と校長先生が
『この柿、甘柿か渋柿か』って言って食べてみたら『うわ~!!渋い!!』
って言って面白かった~」

と、何度も職員室で気持ちを落ち着けていたらしい。

ところが、せっかく職員室で落ち着いても、
次の授業のチャイムで席に着かなければダメだ!!と思ってるので
ここでまたパニック!!!

先生も「職員室に居るときは授業に遅れてきても大丈夫」
と、言ってくださっても自分の中では納得できず、大変でした。

とにかく、規則やきまりに縛られて自分で自分をがんじがらめにしているのび太を
何とか、もっと「学校って楽しいんだよ!!」って知ってほしい、
という先生の配慮で、放課後週1回、
『先生と好きなことをする時間』を作ってくださったのです。

先生の考えでは、本を読んだり、縄跳びしたり、簡単なゲームをしたり・・・する中で、コミュニケーション面のやりとりや、学校の楽しさを教えていきたい、と考えていたようでした。

しかし、のび太にその話をすると

「え!?なんで僕だけ・・・・・?」と、躊躇するのです。

「じゃあ、のび太くんの好きなことをしよう!!何がいい?」

「じゃあ、算数とかの勉強がいい!!」
と、今度はノリノリののび太。

こんなところがのび太らしい・・・


大分、落ち着いてきた1年の終わり・・・

1,2年と同じクラス、同じ担任で続くはずなのだが
3クラスだった1年生が来年度、人数の関係で2クラスになることになった。

もちろんクラス替え、先生も替わる。

のび太にはあらかじめ予告しておきました。

しかし、1年の終了式前日
「S先生が替わっちゃったら放課後の勉強もなくなってしまう~~~
僕はS先生とず~っと勉強したいんだ~~~
どーしよー

と、号泣するのび太。

そうか・・・

のび太にとって、S先生はホントに信頼できる大人だったんだよね。
そして、S先生が企画してくれた放課後の勉強も、
のび太にとっては、大切で大事な時間だったものね。

でもね、のび太。

どうしても、できないことって世の中にはいっぱいある。
それを、のび太は乗り越えて行かなきゃいけないんだよ。

のび太の気持ちを連絡帳に書いて持たせました。

そして、S先生から直接、のび太に説明してくれたらしく、
明るい表情で1年生を締めくくったのび太でした。


2年生の始業式前日、S先生から電話があり、

「のび太くんにお話ししたいことがあるので学校に来てもらえますか?」

と言うことで、のび太と行きました。

S先生に新しい担任のKP先生を紹介していただき、
新しい教室、机、靴箱を確認して、
「KP先生にも放課後のお勉強を続けていただけるようにお願いしてあります。
だから、安心して立派な2年生になってください。」

と、お話ししてくださいました。

安心した表情ののび太。

S先生と、KP先生と握手をして帰りました。

ひとりひとりの子供の不安を解消してくれる先生。
学校の方針に感謝して、のび太の母とのび太は学校を後にしました。


「校長先生に直訴する~~~」に続く・・・

よかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

スポンサーサイト
| 特別支援・資料関係 | コメント(9) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。