-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-03-10 (Thu)
「お母さん!○日にYくんの家に遊びに行っていい?」

帰ってくるなり満面の笑みで尋ねるのび太。


「え?え?Yくん?」


Yくんとは同じP中学校に進学する子。

同じクラスの男子ではのび太とYくんだけだ。



「あのね、スーパーの前でTくんと待ち合わせして
 Yくんちに行くんだ」


のび太は今まで、放課後誰かと遊んだ事は
皆無だといっていい。

誘われなかったのか、誘われても断っていたのか、
そういえば「ぼく、放課後、遊ぶ暇なんてないもん」
と言ってた事があった。

多趣味で家で暇がないくらい興味のあることが多々あるのび太。

算数の問題を自分なりにアレンジしてみたり、
歴史の本を読んだり、
漢検1級の漢字を書きなぐったり、
競馬や宝くじの当選確率の計算をしてみたり・・・

家に一人でいても暇だから友達とゲームをする、
という、多数派の子にありがちな余暇は過ごさない。

ひとりで楽しめる趣味がたくさんあって
時間が足りないくらいらしい(笑)



というか、おそらくどうやって友達とアポをとり、
どういうことをして遊ぶのか
そういうことも想像できなかったろうし、

まあ、多分誘われなかったんだろうな…


小学校生活もあと少しで終わるというこの時期に
初めての「お友達と約束して遊ぶ」体験だ。






「いいよ。とにかく自転車気をつけて行くんだよ。
 それから4時にはお友達の家を出るんだよ。
 あ、あとね、お友達の家に行ったら
 ちゃんと『お邪魔します』って挨拶して、
 靴をそろえて、大騒ぎしたり迷惑になるようなこと
 しちゃダメだよ!
 
 ・・・あ!それからね・・・」



「わかってるってば!大丈夫!」



なにせ、「お友達の家に行く」というスキルは
未経験だし経験値はゼロだから、
攻略法(笑)をある程度、伝授しておかねば、と、
思ってしまうワタシ。







しかし、その日は「4時には家を出ること」と言っておいたが
4時には家についていた(笑)

この辺がASタイプなのか?!










そして、またある日、

「お母さん!今からYくんとTくんとKくんと
 のび太地区を自転車で探検してくる!」

と(笑)



「はいはい。気をつけて行っておいでよ。
 交通ルールはちゃんと守ってよ~」


嬉々として飛び出していったのび太。




実は、先日、小学校最後の参観日に
「今、思うこと」をひとりずつ1分間スピーチする授業だった。

小学校生活を振り返り、思い出や感謝の気持ちを
伝え合おうという内容。


みんな、家族や友達、先生への思いや、将来の夢、
心に残った思い出、頑張った事、楽しかった事、
それぞれ思いのままに綴ったものを読んだ。

他人の子の文章でも胸が熱くなるのだ。

みんな成長したなぁ~・・・



その中で、Kくんのスピーチ。

「ボクは入学した時は引っ越してきたばかりで
 友達もいませんでした。
 友達が出来るか心配でドキドキしていました。
 でも、すぐにのび太くんと友達になりました。
 それから、ずっと同じクラスだったので
 ずっと友達でした。
 のび太くんがいてくれてよかったです」

といったような内容のスピーチだった。



そういえば、入学式の日、のび太の前に並んだKくんに
のび太は抱きついたりふざけて声をかけたりして

「ああ・・・早速、のび太のしつこいまとわりつきが
 はじまっちゃったな~
 Kくん、嫌がってないかな~」

と、心配してみていたのだった。



Kくんが引っ越してきたばかりだった事も知らなかった。

それより何より、他の子のスピーチに
のび太が登場するなんて驚き!と共に、
なんだかとても嬉しかった。





そして、Tくんのスピーチ。

「ボクは、入学してもなかなか友達が出来なくて
 休み時間もいつも一人でいました。
 でも2年生になってのび太くんと同じクラスになって
 仲良くなって、やっと休み時間も遊ぶようになりました。
 のび太くんと出会わなければ、ボクはずっと、
 ひとりで休み時間を過ごしていたかもしれません」


えええ?Tくんの文章にものび太登場?!


そうか、そうだったのか。


確かに、2,3年担任だったKP先生(懐かしい愛称・・・笑)が
「いつもKくんとTくんと遊んでいますよ」

って、連絡してくださった記憶がある。



のび太が誰かの「思い出の人」になってるんだ。

それも、KくんとTくん、ふたりも。



私は、のび太はいつも誰かに、
遊んでもらう、一緒にいてくれる、助けてくれる・・・
そんな風に受け身に思っていた。

しかし、違った。

のび太は、「誰かのために」も存在していたのだ。


当たり前だけど。




でも、のび太のようにいつもクラス替えのたび、
「配慮」を担任にお願いしたりしていると、
どうしても「遊んでくれる」「助けてくれる」といった、
「~してもらう側」目線になってしまっているのだ。


ごめんよ、のび太。


のび太はこの小学校で、確実にKくんとTくんの
「最初の友達」として二人の心に刻まれてるんだね。









のび太地区探検から帰ったのび太は
それは楽しそうだった。




「そういえばさ、KくんもTくんも
 参観日のスピーチで、のび太のこと、書いてたよね。
 二人とも、のび太のこと『初めての友達』って
 言ってたよね」


「うん。ビックリした。
 あんな風に言ってくれるなんて思ってなかったし。

 いろんなことがあったけど、
 KくんもTくんもボクに嫌な事は一回もしなかった」


「そっかぁ~。いい人だね。
 そういう友達は中学校は違っても
 絶対にずっと大切にしなきゃダメだよ」


「うん。やっぱ、こういう人が『友達』って言うんだよね?」


「そうだね。」






「初・放課後友達と遊ぶ」体験は
「初めての友達」と、だった。



小学校生活も終わりに近づいた今、
「初めて」に、あったかい気持ちにさせられるのだ。

こちらはまだまだ吹雪いてるけど、
心はちょっと、春、なのだ。











スポンサーサイト
| 小学校 | コメント(7) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。