-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-12-16 (Thu)
短縮授業で2時には帰宅していたのび太。

帰ってすぐに宿題を済ませ、
ちょっと一息・・・と、おやつを食べ、
と言っても、ご飯を茶碗に食事並みに盛って食べ(笑)
そのあとすぐに、受験勉強に入る。



のび太の受験勉強はだいたいこんな感じ。

①問題集の模試を1セット(45分)やる。
    ↓
 それを私が採点。

②その間に作文問題1セット(45分)。

③模試の間違えたところなどを時間を決めて直し。

④それでも解らなかったところを私と旦那とで
 のび太に解説する。
(と言っても、私にもさっぱりわっかんない問題も多々あるが
 それでも何とか解答を見ながら教える・・・ふぅ~。
 この部分が、問題の質によってあっという間に終わったり、
 かなりの時間がかかったりするのだ~)

⑤作文のミスなどをチェックし、おかしな部分などを
 書き直しさせる。

⑥時間がある時は、苦手な項目のドリルなど。



こんな感じで我が家の夜は更けてゆく(汗)



昨日は3時過ぎ頃から、10時頃寝るまで
食事と入浴以外はずっと勉強している。


これは結構、親の負担も大きい。

私が博学でオールマイティーな人間であれば
別にヘッチャラなのかもしれないが、そうではないので、
採点が非常に辛い。
(解答はあるが、「正答」がひとつではない問題や、
「あなたの考えを書きなさい」などという設問だと、
こちらも正しく採点するためにはなかり真剣に
問題を解かなければいけないのだ)

また、訂正しても間違った箇所やわからない問題を
解説してあげねばならない。

そして、そのあとの作文チェック。

ハッキリ言って、私の方がツライ(笑)

私も一緒に受験勉強しているといっても過言ではない(笑)


夕方から夜にかけて、テレビなど見る暇もない。

ゆっくりお風呂に浸かる余裕もない。



私はホントにツライ(笑)


あまりのツラサに、のび太にも聞いてみた。



「ねえ、受験勉強、正直言ってツライでしょ?」


この問いに、のび太は、











「いや、別に。面白いよ。」









へ?なんですと?









「え?だって、ず~~~っと勉強してるじゃん!
 イヤになっちゃうでしょ?」














「イヤにならないよ。全然。勉強、楽しい。」











返す言葉がなかった。







昨日の問題は結構難しく、親子でかなりグッタリしつつ、
問題と格闘した(笑)


終わった時には私も旦那もグッタリ・・・





「じゃあ、寝るね~おやすみ~」

と、部屋に行こうとするのび太の手にはさっきまでやっていた
電話帳のように分厚い「適性検査問題集」が・・・。


「ん?のび太、問題集、ちゃんと片付けておきなよ」

受験用の問題集やら参考書やら受験用のあれこれは
すべてリビングの1コーナーにセットしてあるのだが、
部屋に持っていこうとしているのび太。


「ちょっと寝ながら見たいんだけど、借りていい?」


借りていい?って、別に私の大切なものじゃないし(笑)
好きにしていいけどさ。


「え?1日中、勉強してやっと終わったのに、
 また問題集、見るの?」

「うん。だって面白いんだもん」

「へえ・・・・・・」








のび太、大丈夫かな?
勉強しすぎで頭、ボンッて爆発しないかな?
脳みそ、溶けちゃうんじゃない?
小学生があんなに勉強して脳の発達に支障を来たさないかな?

などと、旦那とおかしな心配をしてしまう(笑)







今朝、起きてきたのび太は、

「お母さん、この前にやってわかんなかった問題、
 なんか解ってきたんだよ。
 あのね・・・・・」

と、まだ起ききっていない私の脳みそに
難解問題を解説しだした(笑)

ワタシャ、100%解らなかったが(笑)

「へえ~ほぉ~・・・ふぅ~ん・・・なるほどね~」

と、相槌を打っておいた(笑)





つ・・・ついていけない・・・(汗)









しかしなぁ・・・


そんなに勉強、好きなのか・・・




すごいなぁ、のび太。




こんなに勉強大好きで、こんなに頑張っているのび太のこと、
勉強の神様、見ていてくれてるかな?

どうか、のび太の頑張りが報われますように・・・・・







スポンサーサイト
| 発達障害児公立中高一貫校を目指す受験 | コメント(6) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。