-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-10-05 (Tue)
実は、のび太は1週間前から風邪気味だった。

陸上大会もゲホゲホ咳の出る状態での出場だった。

陸上練習で通院する暇がなかったのと、
軽い風邪だろうと市販の薬で凌いでいたのだ。


しかし、疲れも重なって咳は陸上が終わってから
更に悪化してしまったため、
昨日の放課後、病院に連れて行った。



久しぶりの病院。

この小児科はのび太が赤ちゃんの頃から
掛かりつけとしてお世話になっている。

しかし、医者は小児科医のくせにメチャクチャ無愛想(笑)

のび太は小さい頃から喉を見られるのがイヤで
大騒ぎしては叱られたり、
インフルエンザ検査が怖くてパニクリ叱られたり、

もうちょっと小児科医なんだから
幼い子供の気持ちになって診察してくれてもいいじゃん!
と、ここに通う子の親達はみんな、思っている。

しかし、田舎なので選べるほど小児科もない。

ここは、イマドキ珍しく院内で薬の処方もしてくれるので
小さい子を連れた親達には手間が省けるし、

医者は無愛想だが看護士さんがみんな優しくて
医者の無愛想を帳消しにしてくれるので(笑)
ついつい、通ってしまう。



それに、のび太の場合は小さい頃から通っているので
のび太の体質もわかってくれていて
風邪の時、咳き込んだ時の薬もとても効くのだ。






さて、のび太。

咳き込むものの元気だし、もう、小6だし、

「先生に自分で症状を説明できるよね?」

と、聞いてみた。




「う~ん・・・」と渋るので、


「『1週間前から喉が痛くて家にある薬を飲んでいたのですが
 良くならなくて、咳が酷くなってきました』って感じで」

「わかった」







さてさて、診察。


全くこの小児科医、相変わらずの仏頂面だ(笑)


「どうしました?」

ホレ!と、のび太に目で合図して言わせる。






「えっと、あの、あの、1週間ほど前からですね、
 喉が痛くなったので、えっと、家にある錠剤のパブロンを
 飲んでいたんですけど(品名まで言うかっ!)
 効かなかったみたいで(お前が判断するなっ!)
 良くならなくて、えっと、今度はだんだん咳が出てきて、
 酷くなってきたんですよ~(お茶飲み話かっ!)」


ワタシは思わず、「ンププッ・・・」と吹き出してしまった。

看護士さんも苦笑いだ。


しかし、のび太って面白い。

話している内容は文字にすると余計、大人っぽい感じだが
喋り口調が幼すぎるから、
そのギャップに思わず笑いがこみ上げる。



こんなにオモシロイのに仏頂面医者は
無表情でカルテを書いているのもムカつく(笑)



「熱は出ませんでしたか?」

と、仏頂面は私を見て聞いたが、
すかさず、のび太が


「ああ、熱はありませんでしたぁ~」


と、これまたおかしな物腰の口調で返したものだから、
ワタシと看護士さんは密かに微笑んだ。




今、のび太は塾でも入試の面接の練習をしているらしい。

そこで、

部屋に入るときの姿勢、歩く時は堂々と、
言葉もはっきり大きい声で、
敬語謙譲語などの使い方、
自分の考えをきちんと組み立てて話す練習などだ。

入試で一番の心配もやはり面接だ。

自分の気持ちや思いをうまく言葉に変換することが
苦手なのび太。

聞かれた事に瞬時に自分の言葉で表現する、
と言う事が、のび太にはどれ程、難しい事か、
日々、接している私や担任のC先生にはわかっているので、
勉強より何より、一番の心配が面接なのだ。


しかし、こういうことは練習したからと言って
一朝一夕に上達するものではない。

だけど、練習で面接と言うものを経験できるだけでも
のび太にとっては予告になっていいだろうと、
塾に通わせていると言っても過言ではない。



のび太の言葉には他の人にはない個性がある。

うまく言葉の表現もできる子ではないが
この独特な「個性」が武器になればいいな・・・

と、親としては考えたりもするのだが、
どんなもんだろうか・・・?






まずは早く風邪、治せ・・・














スポンサーサイト
| おもしろのび太 | コメント(2) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。