2010-07-15 (Thu)
思えば、2年前の小4の頃は
毎日のように泣きながら帰ってきて、
毎日トラブルやらいざこざばかりで
のび太が帰ってくるまで落ち着かなかった。




ところが。





5年生になり、初めの頃は4年生の名残で
時々、いざこざがあったりしたものの
夏ごろには毎日学校が楽しくなり、
6年の今ではいざこざも嫌がらせもないらしい。

他人同士のいざこざやいじめで学級会で話し合った、
とかいう話はしてくれるのだが、
のび太に関わる話が全くなくなった。


それもこれも、5年生になってすぐに
のび太へのいじめ、嫌がらせを感じ取って
厳しく強く対処してくださったC先生の対処のおかげだ。
(詳しく知りたい方は→こちらの過去記事へ





でも、ホントに何もなくなったのだろうか?





「のび太、今、学校でいじめとか
 嫌な事されたりとか、ある?」


「今は全然ない。」


「そっかぁ~、良かったね~
 いろいろあったけど、頑張ってきたからだよね」


「あ~、まあ・・・」


「今、隣の席がAくんだけど、大丈夫?」



そう。

A君とは4年生の頃、しょっちゅうのび太に
嫌がらせをしたりで、当時の担任がA君の親に
「のび太くんへの嫌がらせがひどいので注意してください」
と、連絡したらしく、
すぐにAくんのお母さんから電話を頂き、
謝罪された事もあったのだ。

そんなことがあったにも関わらず、
Aくんはしつこく、のび太への嫌がらせをやめなかった。

私としてもAくんはのび太にとって要注意人物だと思ってた。

人間には相性と言うものがある。

個人の人間性云々以前の問題で「相性」が悪くて
いざこざが起きる、と言う事も多々あると思うのだ。





「大丈夫。」


「Aくん、嫌がらせしたりしなくなったの?」


「しなくなったよ。
 時々、ムカつくような事、言うけど、無視、だよ」


「へえ~!のび太、無視できるようになったんだね」


トラブル続きだった頃、
嫌がらせは無視!そういう人の相手をするから
相手はますます嫌な事をし続けるんだから!

と、教えていたのだが、幼かったのび太には
そんな事は出来なかった。

ひとつひとつの嫌がらせを真に受けてパニクリ、
相手もますます面白がって続いていたのだ。



それが、やっと、「無視」という一種の自己防衛方法を
実践できるようになってきたのだ。






「そう!無視、っていうか、フリーズ、っていうか。
 一回、嫌なこと言われた時『ガーン!』って言う意味で
 フリーズしてみたら、Aくん、『チェッ』って感じで
 言わなくなったんだ」


「なるほどね。だからそういう人には
 無視が一番、効くんだよ。
 やっとわかったでしょ?」


「うん、やっとわかった」








「ねえ、『フリーズ』ってどういう風にするの?」


「・・・・・・・・・・」


「ねえ!のび太!『フリーズ』って・・・」



一点を見つめて微動だにしないのび太。




「ははぁ~・・・これが『フリーズ』ですか?」


「はい!フリーズ解除しました~!
 これがフリーズです!」







なるほどね。




「無視」という漠然とした対処法より、
「フリーズ」という「行為」の方が
のび太にとってはわかりやすく態度として
実行しやすかったのだろうな。



何はともあれ、こんな事でも「成長」を感じる今日この頃・・・








 
スポンサーサイト
| 我が家の自閉症サポート | コメント(4) |







管理者にだけ表示を許可する