-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-07-13 (Tue)
「図1、図2を見て、次の問いに答えましょう。

 図1は石油があと42年しか使えないというグラフ。

 図2は石油から作られる製品の図。
  (車やストーブの燃料、ペットボトル、ビニール袋、
   アスファルト、ゴム等が描かれている)



問い・・・私達の暮らしと石油の関わりについて、 
   問題点をひとつ挙げ、その問題点を解決するには
   どうすればよいかあなたの考えを書きましょう。」




という問題を白紙状態で持ってきたのび太。




「あれ?ここはわかんなかったの?」

「うん。全然わかんない」




全然わかんない、って、図を見れば一目瞭然のことだし
それについての自分の考えを書くのだから
とにかく何でもいいから書くべきところだ。




「ここね、この図1、見て、何がわかる?」

「え?石油が42年使えるってこと?」

「そうだよね。図2見て、どう思う?」

「別に。へえ~って」




・・・・・そうなのだ。

のび太はこういうヤツだのだ(笑)



「あのさ、別に、でもいいんだけど、
 テストの問題だから、何かに気づかなくちゃいけないのさ。
 気づいて欲しくて問題にしてるんだから。
 それに、合格したいんでしょ?」

「合格したいけど、特に何も気づかないよ」

「でも、無理にでも何かを探さなくちゃ
 せっかくの点数を棒に振るんだよ」

「う~ん・・・」





こういう問題がのび太は何より苦手だ。

しかし公立中高一貫校の入試問題は
こんな風な問題ばっかりなのだ。






「図2はどういう事をわかって欲しくて
 描いてると思う?」

「ううう~ん・・・石油を使っている製品はこれだよ、って」

「少ないと思う?多いと思う?」

「う~ん、多いのかな?」

「じゃあ、こんなにいろんなものが石油で作られてる。
 図1は石油が使えるのはあと42年って。」

「へえ~」

「へえ~、じゃなくて!42年ってのび太54歳だよ。
 その時に図2のものが作られなくなるってことだけど」

「ええ~?!それは困るな~」

「でしょ?そういうことだよ。
 じゃあ、問題点が出てきたよね?」

「うんうん。」

「じゃあ、どうしたらいいと思う?」

「う~~~ん、それはボクにはわからない」






爆笑~~~!


だーかーらー!



そこを自分なりに考えるのが問題だって言ってるのに(笑)





そんなこんなで、私の誘導尋問で何とか答えに辿りつけたものの
こんな感じで大丈夫なのか?!








しかし・・・・・




のび太、面白すぎだぜ~♪







スポンサーサイト
| 発達障害児公立中高一貫校を目指す受験 | コメント(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。