-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-07-08 (Thu)
クラス便りに、


「遊びプロジェクト始動」という記事があった。


6年生として学校全体のリーダーとして
いかにリーダーシップを発揮していくか

と言う事らしい。



普段、あまりしていない部分の掃除を率先してやる、
という掃除プロジェクトと、

学年の枠を超えてみんなで楽しく遊ぶために
リーダーとなって下級生と休み時間を
遊んで過ごす遊びプロジェクト。



昼休みなど、低学年のクラスにお知らせして
「一緒に○○をして遊びましょう」
というものらしい。




「これって、全員が同じ遊びをする、っていうこと?」

と、のび太に聞いた。


「そう。
 今日はコロコロドッジボールだった。」




「これって、全員、参加しなくちゃいけないの?」


「うん、クラスで決まった事だもん」


「へえ~。
 でもさ、休み時間くらい、ひとりで自由に
 過ごしたい人だっているんじゃないの?」

「うん、まあ、ボクもそうだけどさ~
 でも、決まった事だからしかたないし」

「1、2年生の子も全員、参加しなきゃいけないの?」

「しなきゃいけない、っていうか、
 一応、そんな感じみたい」

「なんで?」

「6年生のリーダーシップを発揮するため」

「そのために1,2年生が無理に遊ばされるんだ」

「無理矢理には誘わないけどね。
 でも、嫌な子もいるみたい」

「そりゃあそうでしょう。
 のび太だってひとりで居たい時だって
 あるでしょ?」

「あるけど、決まっちゃったし。」

「だよね~集団生活って辛いね。」

「辛い(笑)」

「1,2年の子、無理に誘っちゃダメだよ。」

「解ってるって」







学校生活の中で唯一、自由になれる(可能性のある)
休み時間まで管理されちゃうのか・・・


みんなで何かすることがそんなに素晴らしい事なのか?




私が小学生だったら、タマラナイ・・・







スポンサーサイト
| 小学校 | コメント(2) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。