-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-06-01 (Tue)
陸上練習を競技場でやるというので
迎えに行った時の事。



まだ、誰も出て来ていないな~
と思って、愛犬ロックとその辺を散歩していたら
競技場の方からひとり、
プラプラと見覚えのある独特の歩き方の子が
出てきた。




・・・ん?のび太?


でも、まだ誰も出て来ていないし、
その子のあとにも誰も出てこないし、
違うな・・・


と、思っていたら、

やっぱりのび太だった。





「のび太~こっちだよ~
 練習、終わったの?」

と聞くと、

「終わった」

「でも、のび太小学校の子、
 誰も出てきてないけど、本当に終ったの?
 大丈夫?」

「うん。終ったってば。
 ボクが一番最初に出てきたんだよ」



ロックをゲージに入れて・・・と、
なんだかんだ帰る準備をしても
まだ誰も出てこない。


「ねえ、本当に終ったの?
 のび太が出てきてから大分経つけど
 まだ誰も出てこないけど・・・」

「終ったってば!
 みんなダラダラ喋ったりしてるんじゃないの?」





のび太はいつも単独行動だ。

登下校も誰かと、ということはない。

たまたま途中で誰かと会えば一緒に・・・
ということもあるようだが
基本的には単独行動派だ。


休み時間も誘われてその気になれば遊ぶこともあるが
基本的にはひとりで本を読んだりするらしい。

以前、いじめられていた頃、
休み時間に嫌な人と関わることで
酷い目に遭っていたというのもあり、
休み時間に穏やかに過ごす方法を考えてのことのようだ。



陸上練習の日は、
他の子達は友達と遊びながら帰ったりするので
帰りも遅いらしい。


以前、競技場練習に自転車で行った時も
他の子たちは終っても帰り時間が遅かったらしいが
のび太は家が一番遠いのに
定時に帰ってきていた。




もちろん、自分のスケジュールのとおりに
動きたい、というのもあるだろうが、
友達と何気ない会話を楽しんだり・・・
と言うところに楽しさを見出せないのかもしれない。




・・・まあ、そういう私も小学生の時は
誰よりも早く教室を出ていた。

誰かを待って一緒に帰ったり、
ダラダラと他愛もない会話に花を咲かせる、
と言う事が、大嫌いだった(笑)

ただでも神経を使って学校生活を送ったあとに
また、誰かと気を使って会話したり
ダラダラ歩いて帰るのが耐えられないのだ。


女の子にありがちな
お友達と一緒にトイレに行く、とかいう行動も
理解できなかった。

トイレに行くのに誰かと一緒、
友達を待ったり待たせたり、という行為が
メンドクサイ(笑)




そんな私の息子じゃないか!!!


のび太は「大の仲良し」という友達もいない。

放課後、誰かと遊ぶ事もない。

誰かと関わる事で学べるコミュニケーションスキルは
圧倒的にレベルが低いかもしれない。


だけど、そういう生き方も、アリ、なのだ。




友達はたくさんいた方が良い、というのが
世間一般的な評価かもしれないが
「友達」って、なんだろう?


放課後、ゲームして遊ぶ相手が友達なのか?

一緒にトイレに行く相手が友達なのか?

ダラダラ他愛もない会話で時間をつぶす相手が友達か?




なんか、違う気がする。




大人になれば本当に大切な友達なんて
ひとり、いればいいのだ。


のび太のマイペースぶりや
人とつるむのが苦手なところや
自分の予定が優先なところ、
そういうところを理解してくれて、
お互いに自由に本音で話せる友達が
一生にひとり、見つけられればいいのだ。




本当の友達、って数じゃない。

「質」でしょう。




我が道を行くのび太に
私の幼い頃の姿が重なって、
ちょっと、笑えた。










スポンサーサイト
| 母のつぶやき | コメント(11) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。