2010-05-20 (Thu)
のび太が学校から電話をかけてきた。



「あ、のび太ですけど、
 えっと・・・あの、あの、んと・・・
 ○○なので、△△して欲しいんですけど・・・
 ・・・はい、はい。そうです。
 スミマセン。
 えっと、あの、よろしくお願いします。」




まるで取引先に書類の訂正の連絡をしている
サラリーマンのような口調(笑)




「あ、はい。
 大丈夫ですよ。わかりました。」



こっちまで、こんな口調になってしまうし(爆)





のび太と電話で話すといつもこんな感じだ。



以前は留守番しているのび太に電話すると

「はいは~い!のび太で~す!」

と言って電話に出ていたのび太。





電話を受ける時は相手に失礼のないように
ちゃんとした言葉遣いで話す事、

受ける時も「はい、○○です」と
名前じゃなくて苗字を名乗る事、

と、教えた。



学校でも目上の人に対する話し方、

挨拶の仕方、

学校の来客とすれ違う時の挨拶、

などなど、C先生は中学生になって困らないように
小学生にはない先輩後輩などの上下関係や
目上の人に対して失礼のない話し方など
普段の生活で「目標」にして
教えてくださっているようだ。

実にありがたいことだ。


そんなこんなで、素直で先生の言う事は全て
守りたいのび太は
オンオフの切り替えがうまく出来ない。



だから、時々、親の私たちにでさえ、
敬語が出てしまう。






そういえば、自閉症の子の話し言葉は
「~です」「~ます」が多い・・・

方言を余り使わない・・・


というのも聞いた事がある。


何を隠そうのび太もそうだった。



「おやつ、食べます」

「もう寝ます」

パニクってる時でも

「注射~~~、イヤですぅ~~~!!!」だし(笑)




友人には「タラちゃんみたいだね」と言われてた(笑)


この辺の独特な方言もみんな使っているのに
のび太の口からは一切、聞いたことが無い。











今朝、雨で準備もモタモタしているうちに
遅くなってしまったのび太。


「陸上練習に遅れるぅ~!!!」

とパニクっているので車で送ってあげた。



車から降りる時、




「あ・・・どうも、ありがとう、ございました」




と、ご丁寧に御挨拶された(笑)




タクシーかっ?!(笑)






と、思いながら、




「いえいえ、どういたしまして。
 行ってらっしゃいませ」


思わず、ちょっとふざけて言ってみた。





セレブ一家って、こんな感じなのか(笑)








普段は、


「お母さんのダジャレ、チョー寒い~!
 笑えねーし・・・」


とか、イマドキな言葉遣いも覚えたのび太。




日本語って、チョー難しいしぃ~・・・








スポンサーサイト
| おもしろのび太 | コメント(0) |







管理者にだけ表示を許可する