-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-05-11 (Tue)
GW中、のび太のリクエストで
科学館やら博物館やらに行ってきました。

のび太地方は田舎です。

車なしでは生活できません。


バスや電車など公共交通機関を使う事は
普段の生活ではほとんどありません。



そんなのび太に経験させようと、
数年前から時々、遠出をした時に
電車や地下鉄を使うようにしています。



今回も地下鉄の駅のそばに車を置いて、
地下鉄を利用しました。




低学年の時は、いくら事前に説明していても
自動改札で切符を入れないまま行こうとしたり、
入れても切符を取らずに行ったり、

何度か改札で止められました(笑)


改札で止められるとさすがに覚えるらしく
出入りは問題なし。


しかし、電車や駅でのマナーというものは
なかなか難しいらしいです。




先に来た人から順番に並ぶ、

電車が来たら降りる人を待って
乗るときも並んだ順に乗る、

電車内で走らない、

座る時はたくさんの人が座れるように
つめて座る、

降りる時も走らない、

前にいる人を押さない、

エスカレーターは走らない、押さない、




・・・などなど、挙げたらきりがない
不文律のマナーが世の中にはたくさんある。

不文律なだけに、経験によって理解する事は多いものの
このマナーを守れないと
人間としての真価が問われるのだ。






のび太は、我先に!と言わんばかりに
電車に乗りたいし、
降りる時も一刻も早く降りたい。


「だって、ドアが閉まってしまうから
 早くしないと」

というのび太。



「大丈夫。絶対に大丈夫だから、
 絶対に走ったり人を押しのけたりは
 してはいけない。
 危険だし、他の人の迷惑になる」



小さいうちはまだ、許される事も、
成長と共に周りの見方も大人同然になる。


たまにしか経験できないことだから、
余計に少ない機会に
きっちりマナーを教えて守らせたいのだ。



特にASタイプののび太に
法律でも規則でもないマナーという漠然としたものを
教えるのは難しい。


マナーとは、倫理観でもあり倫理観でもある。

見ている人が不快に思わないように、
周りの人の迷惑にならないように、
という、
他人に対する気配りでもある。

食事のマナーも然り。

つまり、ASタイプの一番難しいところかもしれない。




我先に乗ろうとするのび太に

我が家の愛犬へのコマンドかのように思わず、

「待て!」と旦那と同時に叫んだワタシ(笑)




「ちゃんと並んでいたでしょ?
 並んでいる順にゆっくり乗る。
 決して他の人を押したり走ったり押しのけたり
 してはいけないんだよ」



そして、降りる時のために

「走らない、押さない、慌てない」

を、言い続けて守らせた。




「人がたくさんいるところでは
 決まりやマナーがないと、とても危険。
 学校でも『廊下は走らない』とか
 『発言する時は手を挙げる』とか
 『授業中は立ち歩かない、静かに』とか
 きまりがあるでしょ?
 その決まりがなかったらどうなるか想像してみて。
 危険な事もあるし、大変な事になるでしょ?」



というと、



「そうか~
 もし、後ろの人がボクを押したら
 ボクは倒れてしまうかもしれないよね。
 並んでいるのに後ろの人が前に来たら
 並んでいる意味がないよね。」






自分の気持ちだけを考えて生きていたのび太も
少しずつ、自分に置き換えて周りを見られるように
なってきたのかも。





それにしても、やっぱり、

経験って、大事だよね。









スポンサーサイト
| 母のつぶやき | コメント(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。