2010-04-05 (Mon)
春休みも今日でおしまい。

明日から6年生になるらしい、のび太。



さて、そんな春休み中、のび太にはお手伝いを
多々、やってもらいました。


お米をといで炊く、
トイレ掃除、お風呂掃除、自分の部屋掃除、
キュウリの千切り、いり卵、味噌汁作り、
などなど・・・



「働かざるもの、食うべからず」の精神に則り、
我が家は食事後は旦那も席を立つ。

食器を運んでもらうのだ。

それくらい、当たり前だ!

ワタシの妹の旦那様は食器洗いまでするのだから
上には上がいる(笑)



さて、そんなのび太に食器洗いを教えようと、
まず、流しに出ていたお皿3枚を

「これ、洗ってくれる?」と頼みました。


まず、好きにやらせてみて、あとでダメだししようか、と。




そうしたら、のび太、

まず、スポンジに洗剤をドバッとつけた。



「あああ・・・洗剤はね、ちょっぴりで大丈夫。
 少しの量でも泡立ちいい!って
 コマーシャルで言ってるでしょ?」



「あ、そっか」


とか言いつつ、まず、一枚目の皿をスポンジでゴシゴシ。


「ヌルヌルしたところがなくなるようにね。
 あと裏側もね」


・・・と、一生懸命、表も裏もこすって・・・


「よし!」


と、1枚目の皿を流水ですすぎ出す。



「あ、あのね、まず、全部のお皿を
 洗剤で洗ってから、
 全部のお皿を順番にすすいでいけばいいんだよ」


と手順を説明したのだが、




「えええ~?!
 一枚ずつ、洗ってしまいたいよ~」


「え?でも、お皿洗いって言うのは
 一応、全部を洗剤で洗ってここにまとめておいて、
 そのあとで全部をすすぐ、っていう方が
 手際よく洗えるんだよ」



「えええ~!?
 なんかやりづらいよ。
 まず、ボクのやり方で洗ってみたいんだけど、
 「ボクのやり方」でやらせて!」





そう言って、のび太は、

1枚の皿を洗剤で洗って、すすいで、

そして2枚目の皿を洗剤で洗って、すすいで、

またまた3枚目の皿を洗剤で洗って、すすいで・・・




と、3枚の皿を洗ってくれました。






ま、いっか!





で、別の日。



「今日もそのお皿、洗ってくれる?
 今日はお母さんのやり方で洗ってみて欲しいんだけど」


と、おそるおそる頼んでみると、


「うん、じゃあ、まあ、やってみる」


と、お許しが(笑)




で、3枚の皿を、まとめて洗剤で洗い、
それが終わったら、まとめてすすぐ・・・



と、やってみたのび太。




「う~~~ん・・・
 ボクとしては一枚ずつ、洗い終わるまで
 やりたい気持ちなんだよね。
 一度にたくさんのお皿のことを考えられないよね。
 一枚ずつ、ひとつのお皿に集中して
 洗いたい気持ちなんだけど、
 でも、正しい洗い方は『全部洗って、そのあと全部すすぐ』
 っていうやり方なんでしょ?
 どうしたらいいかな~
 ボクに合ったいい方法を考えてみるよ」





さすが、アスペ族(笑)


一度にたくさんの皿の事を考えられない、って
まさにASっぽいし(笑)


だけど、正しいやり方を重んじるって言うところも
まさにAS(笑)


「ボクに合ったいい方法を考える」ってのも
まさに特別支援の申し子(笑・・・特別支援の恩恵は受けてないけどね)





で、まだ、ボクにあった皿洗いのいい方法は
結論が出ていません(笑)







スポンサーサイト
| のび太のあれこれ | コメント(8) |







管理者にだけ表示を許可する