-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-03-25 (Thu)
残念でした・・・


実は、過去記事で
就職のための履歴書を出して
それだけでいろいろ妄想して吐き気がする・・・

と、言っていましたが




吐き気もおさまりました(笑)






残念ながら不採用でした。



先ほど連絡いただきました。









実はどんな職種かと言いますと、
「療育指導員」でした(照)

のび太が通っていた療育の指導員です。


ここは市で運営しているので一応、
市の特別臨時職員扱いになるのです。






面接も受けてきたんだけど
面接で突然、

「A町で新しく開設するので
 そちらに通ってくれる人を探しているのですが
 A町に通勤できますか?」

と・・・。



えええ~~~!!!


A町、とは、のび太市と数年前に合併した町。

確かに「市内」ではあるが
地理的に無理な合併なため、
ここから車で1時間程かかるのだ。

電車は2時間に1本(笑)



「え~と、A町への通勤は無理です。」




はい、もうこの時点でアウトでしょうね。




で、

「どうしてこの療育指導員に応募されたのですか?」

お、来た!この質問。


「実は今度小6になる息子がこちらの療育に
 お世話になりまして、
 親子共々、その時の経験のおかげで
 成長する事が出来ました。
 その時に特別な配慮を必要とする子供を育てることは
 親の精神状態が健全じゃなければ
 子供と冷静に向かい合えないと言う事も
 体験しています。
 ですから、そういう親の立場でもある私が
 もしかしたら力になれることがあるのではないか、
 と思いました。
 また、10年間、ヤマ○音楽教室のグループレッスンで
 子供達と接してまいりましたので
 そういう経験も生かせるかと思って希望いたしました」


ちょっとニュアンスや言い回しは違うけど
ほぼ、丸暗記して行きました(笑)




「そうなんですか~療育経験者なんですね~
 なるほど~
 音楽教室、ということはピアノとかも弾けるんですね」


おお・・・

ちょっといい手ごたえか?!


「お子さんはどういう状態ですか?」


「高機能自閉症と診断されていまして、
 普通クラスでなんとか頑張っております」


「・・・・・A町への通勤はやっぱりダメですか?」


「そうですね~
 一応、息子にも私が働く事になってもいいか、
 確認して、大丈夫、と言ってもらえたのですが
 この先、何があるかわかりませんし、
 万が一に備えて、なるべく近くにいたいと
 思っています」


「そうですか・・・」





要するにA町での指導員を募集していたのだ。

だったらそういう風に募集要項に書いておけば良いのに!





まあ、勤務地のことを除いても
よ~く冷静に考えたら、この就職氷河期と言われる今日、
10年以上も家庭に篭っていたおばちゃんが
新卒の人を差し置いて採用されるはずもなく・・・(笑)








過去記事にも書いたけど
社会的弱者と言われる方の力になれる仕事に就きたくて
実は福祉系の大学の推薦書も書いてもらったのに
親の反対で進学を断念した経緯のある私。

のび太が療育に通うようになったとき、

「ああ、これが私が憧れていた世界だったよな~」

って、ある意味、ワクワクしたワタシ。


で、暇つぶしに生まれて初めて
ハ○ーワークのHPを見ていたら目に止まったこの募集。


これが私の夢の職業だったので・・・



これはもう、運命的なものを勝手に感じちゃって(笑)
一人で妄想してはドキドキしていました(笑)





確かに私が働く事になったらいろいろと
大変なところもあったから今となっては

「まだ、働きに出るのは早い」

っていうことだったのね~、と思うことにしています(笑)






・・・・甘いよね、ワタシ。


チラッと見て勢いで応募して
簡単に採用されるわけないって(汗)





と言うわけで、まだしばらく、
毎日パソコン生活&愛犬のお散歩生活となります♪




















スポンサーサイト
| 母のつぶやき | コメント(2) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。