-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-03-03 (Wed)
この記事は、前の記事からの続きです。

まずは、「表と裏①」からお読みください。












ますます担任と学校への不信感を募らせていたところに
今度は校長じきじきに電話があって
学校へ行ったMちゃんママ。

「来年度からどうしますか?」

と、問われたらしい。


どうしますか?って?

それはこっちが聞きたいくらいだ、
と、Mちゃんママは思いつつ、

「どうしますか、ってどういうことですか?」

と、返すと、

Mちゃんの家はこの小学校とA小学校の境目にある、
つまり、正しくはこの小学校の学区だけど
A小学校に転校したいならしたらどうか?

と、校長は言ったらしい。



Mちゃんママは驚きのあまり泣いてしまったらしい。

担任を変えて欲しいし、
まず、何よりMちゃんの特性を理解して欲しい、
この小学校には特別支援級も3クラスあるほど
特別支援には理解があるはずの学校なのではないか?
そこに籍を移すことを提案してくれてもいいのでは?

・・・こういうことを改めてお願いしようと
(今までも散々、相談していた)
でも、さすがに学校側からこういう話が出るだろう、
と思っていたのに。


学校としてMちゃんをどうするか、と考える事を、
やめたい、と言っているのと同じだ。

学校に来れなくなって手を焼いて、
めんどくさくなったから、転校を提案するとは!




Mちゃんママは校長室で思い出していた。

Mちゃんを追い詰めた担任の初めての参観日、
金子みすずの「私と小鳥とすずと」の授業、

「みんなそれぞれ得意な事、苦手な事があるけど
 それでもみんな素晴らしい子どもたちです。
 誰かが苦手な事をみんなで助け合える、
 そんなクラスになりましょう」

とか言ってたっけ。

不覚にもあの時、泣きそうになるほど
胸に響いた参観日の担任の言葉だったけど、
表はあんなに美しげに見せておいて、
心の裏側は冷血で思い通りにならない子は
排除しようとするんだ




A小学校と今の小学校は同じ中学校に進級する。

新しい環境が苦手なMちゃんが転校して不安定になるか、
それとも今のまま、この小学校で頑張るか、
Mちゃんも考え中だそうだ。








Mちゃんママは、私には面白おかしく話してたけど
時々、声を詰まらせていた。


私は聞きながら怒り狂いそうになっていた。



極めつけに・・・・

「クラス懇談会の時、Mが登校拒否になっている事について
 担任が話したらしいんだけど、
 『毎日のように電話をしたり家庭訪問したり
 いろいろ手を尽くしています。
 どうしてMちゃんが学校に来れなくなったのか、
 考えても考えても解らなくて私自身も辛いです』
 って、泣いて見せたらしいよ~」

(現実には電話は数回、訪問は一度たりとも、ないのに(笑)





ここにもスゲー演技力のエライオトナがいた。



今年の最優秀主演女優賞は、コイツだ。









スポンサーサイト
| 世間の目 | コメント(10) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。