2010-02-18 (Thu)
昨日は身も心もダウン。

でもね、そんなちっぽけなことでも
ここに書いてみると
ちょっと気持ちが晴れることが
最近わかったので、記事にしました(笑)

「気持ち吐き出し療法」と名づけた(笑)



で、多分、今日これからのことも
「ダウン」に関係しているんだろうな、
と思ったので、

思い切って記事にして吐き出します。







今日は午後から授業参観に行かねばならない。

私が小学生の時は親に来て欲しくなど無かった。

出来れば参観日のお知らせのお手紙など
破いて捨ててなかったことにしたかったが
そんな大胆なことなど当時の私には
出来るはずも無く、それ以前に思いつくはずも無く。



それに引き換え、のび太は、

「お母さん、参観日、忘れてないよね!
 絶対に来てね!
 ボクの席はこの辺だからね」

と、必ず嬉しいお誘いを受ける(笑)


「来ないで」と言われるよりは
「来てね」と言われる方が、そりゃあ嬉しい。


でもね、私は学校自体が苦手。

その理由は幼い頃から学校と言うものに
必要以上の緊張感を抱いていたのと
自分の学生時代に学校と言う場所で
なんら良い思い出などなく、
どちらかと言うと嫌な事しか思い出せないということが
大きな理由だろう。

それに去年ののび太の担任と出会ってからというもの
のび太小学校自体に(建物、場所に対して)
嫌悪感を拭い去れないでいるのだ。


(詳しくは過去記事をご覧下さい。
 と言っても、自分でもどこにあるのか
 探せないので08年の11月~09年の2月位が
 いろいろあると思いますので、
 興味のある方はどうぞ)


参観日の日が近づくにつれて
去年の担任との不毛なやり取りやら
あの、偉そうなくせに相手の気持ちを
平気で踏みにじる冷たさがよみがえる。

そして、去年の参観日に見た、
のび太のクラスの雑然と寒々とした雰囲気やら
子供たちのヤル気無さとか
子供たちの肝心な部分は見えない振りをするやり方やら
フラッシュバックでよみがえる。

懇談会で
「『小さないざこざ』は毎日あるけど
 『いじめ』はない」
と言い切った、あの白々しさを
私は一生、忘れないっ!!!!!







・・・・・取り乱しちゃった(笑)





だから、授業参観日はちょっと気が重い・・・

というのが本音、なのだけど。





現在のC先生はいつも子供たちの心に寄り添ってくれる
ステキな先生です。


11月の参観日に教室の整頓されてきちんとしていた様や
授業中の子供たちの集中力とか
4年生の時との明らかな違いに
ビックリしたのとホッとしたのとで
驚いた親達だったけどね。





だから、フラッシュバックなんて気にしない(笑)

C先生だもん。



何より、今、のび太は
笑顔で登校できてるもんね。







スポンサーサイト
| 小学校 | コメント(10) |







管理者にだけ表示を許可する