-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-02-03 (Wed)
<平和主義のび太>


卒業式で5年生が合奏するらしい。

様々な楽器を演奏したい!と、
争奪戦になっているために
希望者は1週間練習してオーディションで決めるらしい。


「のび太はやりたい楽器、あるの?」

「ボクはリコーダーでいいんだ」

「せっかくだし、のび太、
 何の楽器もそこそこできるはずだし
 何か立候補すればよかったのに」



「だって、みんな『○○やりたい!やりたい!』って
 争う感じになっちゃって
 おまけにオーディションなんて落選する人も
 いるんだよ~
 ボク、そういう争うのとか嫌なんだ」




変なところまで、平和主義な、のび太なのだ。









<単純・・・でも嬉しい>

国語のテストを持って帰った。


「お母さん、苦手な聞き取りと
 文章をまとめるヤツで100点だった!」

見ると、確かに、
「あなただったらどう思いますか?」

という、もっとものび太の苦手な問いだが、

「もしもぼくが~だったら~すると思います。
 それは~~だからです。
 だから~~は、~~~だと思います。」

と、きちんとまとめてあり、
赤ペンで花丸がしてあり、さらに「AA」と評価してあり、
「すばらしい!!」と一言書いて下さっている。



「おおおおお~!!!
 のび太、素晴らしい答えジャン!
 作文が苦手な人の答えとは思えないほど完璧だね。
 先生も『すばらしい!!!』って書いてるじゃん!
 いつもこういう風に順序だてて書けば
 大丈夫なんだよ~」


「うん!
 なんか、ボクも自信持った!
 苦手じゃなくなったかも~♪」





・・・・・あらら、単純。


たった一問、正解して誉められただけで
こんなに自信持っちゃうなんて~



・・・・・でもまあ、いいか。


「苦手だから書けない。説明できない」

と、いつも説明や作文から逃げていたのび太。

どんなに励ましても親の言葉なんて響きにくいんだよね。


先生にたった一言、「すばらしい」って言われただけで
あっという間に自信が持てるなんて、すごいよね。




単純だけど、それゆえにちょっとの後押しで
頑張れるって、いいよね。



C先生、いつも前向きにさせてくださって
ありがとうございます。





スポンサーサイト
| 小学校 | コメント(2) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。