-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-12-08 (Tue)
「お母さん、どうしてもわからないところがあるから
 教えて欲しいんだけど」


と、言って差し出したのは、国語のテスト。



90点。



間違えたところを直して明日提出しなければならない。




問題を見ると、


「このときのAさんの気持ちを書きましょう」



ああ、やっぱり。

のび太は「気持ち」や「考え」を「まとめて書く」のが
大の苦手。


第一、自分の気持ちや考えを伝える事さえ難しいのに、
他人の気持ちをまとめて書く、なんてことは
おそらく、のび太にとっては
「庭を這うミミズの気持ちを書きましょう」
ってくらいの未知な事らしい(笑)



第一、自分の気持ちすら、

「う~~~~~ん・・・なんて言ったらいいかわかんないから
 もういい!この話はもうお終い!!!」

とか言っちゃうのび太だし・・・





しかし、5年生ともなると教科書の一話は長い(爆)
これを全部把握していないと、
この問題は答えられないのだろうが
まあ、「このとき」の2ページ前くらいから」斜め読みしてみる。






・・・・・・・・・・・・・・・・わからん!




教科書に具体的にはAさんの気持ちは書いていないようだ。

つまり、Aさんの気持ちを推測して、というか
Aさんの気持ちになって答えろ、ということらしいが、
難しい。


国語は大得意だった私だが、わからなかった(爆)



・・・・で、

誘導尋問してみた。





「のび太がAさんだったら帰りが遅いって思ってた
 おじいさんがやっと帰ってきたら、どう思う?」

「う~ん・・・どう思うんだろう?」

「例えば、のび太は、お父さんの帰りを
 おなかをすかせて待ってるよね?
 そういう時、やっとお父さんが帰ってきたらどう思う?」

「やっと帰ってきた!って思う」

「だよね~!
 じゃあ、今までおじいさんがおばあさんに若い頃プレゼントした
 ものの話しを今、おばあさんがしてたよね。
 そういうときにおじいさんが帰ってきたらさ、
 どうする?」

「・・・どうするのかな?」

「おじいさんにその事、聞いてみたくならない?
 何も言わないの?」

「ああ、聞いてみたくなるのかも」

「聞いてみたくなるかもしれないよね。
 聞いて見ようよ!
 じゃあ、その『やっと帰ってきた!』って気持ちと、
 その『話しを聞いてみたい』って気持ちを
 3行にまとめて書けばいいんじゃないの?」

「・・・・・ええ~~~!!!
 どうやってまとめるの?!わかんないよぉ~~~!!!」







・・・・・結局、パニくる・・・・・





「お母さんがまとめたら、のび太が答えたものじゃなく
 お母さんが答えたものになっちゃうでしょ?
 ヒントは出したから、あとは自分でまとめてみようよ!」


「えええ~・・・・・ゎかんなぃょぉぉ・・・
 ぇぇぇ~・・・」



もう、不機嫌丸出しで明らかにパニクってるのび太。




しかし、こういうところから、言葉や気持ちや思いを
まとめて言葉にする事を経験していかないと、
いつか損をしたり、誤解をされたりしかねないだろう。

 



でも、今のテストって、難しい・・・です(爆)











スポンサーサイト
| のび太のあれこれ | コメント(2) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。