-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-11-27 (Fri)
旦那の職場は、保険やらも扱うところなので、
病気の方や年配の方、障害のある方と関わることも多々ある。

年配の方が、一日に何度も、
同じことの問い合わせをしてきたり、

知的に障害のある方が窓口にいらして、
ひとしきり、世間話だけしてただ、帰ってしまう人などもいるらしい。



また、幻覚でも見ているかのような心配事を
電話してくる方などもいるとか。





その中で、知的に障害のある方で、
障害者手帳を持っている方などで、

「どうして、自分がこの手帳を持っているのか、
どうして、自分が障害者手当てをもらわなければならないのか」

と、おっしゃる方が多いらしいのだ。



つまり、きちんと自分自身について、
親や周りの人に説明をされていないまま、
40代50代まで来てしまっている、ということなのだ。



確かに昔は障害のある人に対する理解は乏しく、
ましてやこの辺は「田舎」なので
障害があること自体を家族はひた隠していたのかもしれない。



しかし、本人にとってはそれでいいのだろうか?


順番からいって、大抵は子供より親が先に死ぬ。

残された障害のある子供が
自分自身のことを知らないまま、残されて生きることは
幸せなことなのだろうか?


などと、考えてしまうのだ。






そういう私も、いまだに、のび太へのきちんとした告知を
伸ばし伸ばしにしてきて、現在に至る・・・




そろそろかなぁ~


せめて、中学入学までには
なんとかせねば・・・と、


旦那の話しを聞きつつ思うのである。












スポンサーサイト
| 母のつぶやき | コメント(2) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。