-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-11-24 (Tue)
ある日、珍しくスーパーの買い物についてきたのび太。

買い物途中で入園前に通っていた子育てサークルで
一緒だったお母さんに会った。


「ほら、のび太、○○ちゃんのお母さんだよ~
ちゃんとご挨拶しなさい」


ぼんやりしているのび太に挨拶をさせた。



久しぶりで、近況報告に花が咲いた。


「のび太くんも大きくなったね~」

などと言われても、のび太はあからさまな不機嫌顔。



さらに、

「お母さん~早くぅ~」

と、いかにもわがままな子供といった感じののび太。



「ちょっと待ってなさいよ~
 ごめんね~ほんとにしつけが出来てなくて~」

あからさまなのび太の仏頂面に申し訳なくなり、
謝りつつ、話をしていた。




○○ちゃんママは良い人。

「ごめんね、のび太くん、またね~」

と、別れた。





のび太のあまりにも幼すぎる態度に、
これはちゃんと言い聞かせないと!

と、その場で小声で叱った。



「のび太、あんな風にあからさまに嫌な顔をしたり
 早く~なんて急かしたりするのは
 ○○ちゃんママに対してとても失礼なんだよ。
 
 言われなくてもお父さんやお母さんの知り合いと会ったら
 ちゃんと挨拶しなくちゃいけないんだし、
 お話しているのを嫌がった顔をして見せたりするのは
 高学年の子としては、ちょっと恥ずかしいことなんだよ」



というと、

ハッとした顔をして、


「そうなんだ~恥ずかしいことなんだね。
 でも、誰かに会うなんて思わなかったから
 何だかどうしたら良いかわかんなくなったし、
 どういう風にしたらいいか、わかんないんだよ~」



そうなのだ。

全く、悪気などないのだ。

これこそがAS的な部分なのかもしれない。







自分が知らない人でも家族の誰かの知り合いには
ちゃんと挨拶をすること

その人と会話をしている時に
話しを遮ったり急かしたりしてはいけない






成長すれば自然と身に付く、と思われがちだが、
やはり少数派は、明らかにこういう部分で
時に、失礼な態度を取ってしまったりする。

それが決して悪気がないことだとしても、
相手のあることだから、いい訳にはならないし、
どんなにそれが障害のせいだったとしても
相手に不快な気持ちにさせることはやはりしてはいけない。





その数日後、ショッピングセンターで
旦那の同僚に会った。


その時は、きちんと帽子を取って

「こんにちは~」

と、にこやかに挨拶していた、のび太でした。





ほら、マナーが理解できれば
こんなにちゃんと挨拶できるし、感じいい子だし(笑)






「そのうち自然に身に付く」とか「成長すればするようになる」とか
そういうのって、親としての責任逃れみたいな気がする。


だから、私はしつこく教え続けるのだ~~~













スポンサーサイト
| 自閉症について思う | コメント(2) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。