-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-09-11 (Fri)
こんな日が来るとは、のび太が幼稚園だった頃は
想像も出来なかった・・・



だって、のび太が宿泊研修に無事に何事もなく(?)
笑顔で帰ってきたのだ。




たかが学校行事でここまでカンドーしてしまう私って
本当に「しあわせレベル」が低いのね・・・




行く前は、あれやこれやとグズグズと心配していた。




寝る部屋が真っ暗だったらどうしよう(真っ暗が恐い)

野外炊飯でうまく火がつかなくてやけどしたらどうしよう

酔い止めの薬を飲んでもバスに酔ったらどうしよう

○○くんがふざけて協力してくれなかったらどうしよう
(のび太は班長だったらしい)



などなど・・・



まあ、はっきり言って、どーしよーもない心配事ばかりだが、
私も小学生の時はそうだった。

とにかく行事が大嫌いで急に体調が悪くなって
行けなくなればいいのに、とか
そんなことばかり考えていた。


だからのび太のくだらない心配事も理解できる・・・

けど、今、のび太のグズグズを聞いているとイライラする(笑)





そんなこんなで何とか無事に出発したようだった。


正直言って、のび太が出かけると
私のほうがあれやこれやと心配してしまっている。



酔い止めの薬を飲んだけどバスに酔ってないか、とか

ちゃんと着替えと脱いだものの区別が出来ているか、とか

カヌーで海に落っこちてパニクってないか、とか

夜は部屋が真っ暗でパニクらないか、とか

場所が変わって眠れないんじゃないか、とか

友達に嫌がらせされるんじゃないか、とか・・・




はっきり言って、のび太よりくだらなくどーでもいいことを
あれこれ思い巡らせていた小心者の母・・・(爆)






しかし、そんな心配をよそに、のび太は元気に

「めっちゃ、楽しかった♪」

と、帰ってきた。




心配していたあれやこれやは

「全然、大丈夫だったよ♪」






幼稚園児ののび太は、教室にいるより
職員室で新聞を読んだりカレンダーを見たり
している時間の方が長かった。

ゲームや遊びのルールが理解できずに
パニクっては大騒ぎしていたのび太。

あの頃は、他の子と同じように普通に生活する、ということは
のび太には出来ないんだろう、と思っていた。



だけど、のび太は現在、普通クラスに在籍して、
多数派の子に紛れて多数派の子と同じように
普通の行事を普通にこなせるようになった。



スゲー・・・・・




・・・・・たかが、宿泊研修で一泊してきただけですが(汗)
なんだか、しみじみ、のび太の「生きる力」と成長を
実感してしまったマヌケな母でした。







スポンサーサイト
| 小学校 | コメント(12) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。