2009-08-20 (Thu)
「・・・・・だよね?」

「え?何?」

「・・・だから・・・・・だよね?」

「ん?○○の事?」

「ん~~~怒もういいよ!」





最近の私とのび太のやりとりでよくあるパターン。



のび太の会話は急に跳ぶ。

今まで会話していた話題とは全く違う話になるのは
よくあることだ。


また、私がほかの事に集中している時に話しかけられても
とっさに意識が会話に移行できない。


また、テレビなどの音や他の物音がざわついている時など
会話の言葉がきちんと聞き取れないことがよくある。






そういう時、聞き返してしまう。

だって、いい加減に返事は出来ないでしょ?




しかし、のび太は聞き返されるのがキライ。

自分の言葉が相手に伝わりにくいということを
自覚しているのび太は
聞き返されると、すぐに引いてしまうのだ。





だから、家族には上記のような場合、
私は言葉を聞き取りにくいのであしからず

決して、いい加減に聞いているわけではない



というようなことを話している。





しかし、そうは言っても、実際に何度も聞き返される方にしてみれば
不快に感じるのかもしれない。

それに、相手はのび太だし。



自分の言葉が伝わりにくいことを自覚しているだけに

聞き返されること=少なからずも自尊心が傷つく

・・・のだろうな。






ううう~ん、ゴメンよ、のび太。



母も会話に関しては「聞く」部分で自信がないのだよ。




アスペ親子の気持ちのすれ違いは
長い夏休みのイライラも手伝って(笑)
ちょっとツライのだ・・・!!!











スポンサーサイト
| 発達障害の不思議 | コメント(4) |







管理者にだけ表示を許可する