-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-07-28 (Tue)
私はのび太がアスペルガーと診断されて
(最初の診断はアスペ、のちに検査等で高機能自閉症と確定診断)

自閉症に関することを知れば知るほど、
自分の幼い頃、感じていた違和感を
やっとこの世界に見つけることが出来た。

そして、私自身もアスペルガーの診断をされ、
やっと、深い闇の迷路から抜け出せたように感じるのだ。





自閉症の精神面の症状は割りと知られているものの
身体的にも症状が表れることがある、ということは
あまり語られていないが、
これが結構、あるらしいのだ。





私は幼い頃、いつも「姿勢が悪い」とか
動作に関して注意を受けていた。


小4の体育の時間、
運動会に向けて正しいラジオ体操を練習していた。

私は振りも大きく、きちんとしっかりやろう!と
頑張ってきっちりした動きを心がけて体操をしていた。

それなのに、何度も注意されてしまうのだ。

「まっぷーさん、きちんと腕を回して!」

「だらだらしないで!」



えええ?どうして?

私はこんなにきちんと真剣に一生懸命にやっている。

一体、私のどこがキチンとしていないんだ?!



と思いながら、何度も注意されているうちに
泣きたくなりながらも、
その頃の私は自分の感情を絶対に表に出してはいけない
と思い込んでいたので、
必死にこらえて、叱られつつも頑張った。



もう、ラジオ体操が大嫌いになった。

ラジオ体操のあの曲のイントロを聴くだけで
気持ち悪くなった。


だから夏休みのラジオ体操はずっと行かなかった。





姿勢も悪い、と、よく注意を受けた。


「気をつけ」の姿勢がダメだ、とよく言われた。

いつも注意されるので、特に意識して、
今日は注意されないように・・・と、
毎回毎回、背骨に力をいれ真っ直ぐになるように
頑張っていたのだが、どうも担任は私の姿勢が気に入らないらしく
いつもいつも注意された。

いつもいつも注意されるのだけど
一体、どこがダメで、じゃあ、どうすればいいのか
全く教えてもらえず、
私は体のつくりがおかしいのではないか?!

と、悩んだこともあった。







自分では全く気が付かなかったが
私は箸を使う時、字を書くときなどに
微妙に手が震えているらしかった。

「どうして、まっぷーちゃんはいつも手が震えるの?」

と、聞かれたことがあった。



「え?震えてないよ?」と言うと、

「震えてるよ~自分でわかんないの?!」

と、周りにいた子たちが口をそろえて言った。




え?

自分では全く気づかなかった。

そうなの?

私、みんなが見て解るほど、手が震えているの?


それから、自分で箸を持つ時、字を書くとき、
自分の右手を凝視したが、解らない。

でも、周りがわかるということがショックで、
箸を持つ時、左手で右手首を押さえて
震えないようにしたこともあった。





これがすべて、発達障害のためであるかもしれない、
ということが解ってきた。



発達障害による脳の運動機能の問題で
独特な動きや姿勢になることがあるらしいのだ。

「震え」と言うものについては発達障害が
直接関係しているのかわからないが、
私の場合は幼い頃は特に自立神経失調症と言われていたし
精神的に不安定なところもあったため、
それらの二次障害的なものでもあったのかもしれない。




発達障害にはこういう身体的な症状もある、

ということを知ってほしい。






こういう子供自身に自覚の無いことで
叱咤され自己否定感を持つことの無いように



本来、発達障害、特に自閉圏の子は
何事においても一生懸命に真剣に物事に取り組んでいても
逆にそれが障害ゆえの症状から
ふざけている、だらしない、と見られることもある。



発達障害という障害自体は本人にとって何も問題ないのだ。

問題なのは周囲の無理解から来る二次障害だ、


ということを、知ってほしい。





大人になって診断された者のひとりとして
伝えておきたいと思う。













スポンサーサイト
| 自閉症について思う | コメント(12) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。