-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-06-03 (Wed)
5年生になり、すっかり気持ちが落ち着いているのび太。

先生の一言ってスゴイ・・・

と、改めて感じているこの頃・・・





最近、のび太は学校のことをあまり話さなくなった。

まあ、そういうお年頃だろうし、
それだけいざこざがない、と言うことなんだろう。


自分が幼かった時、学校で何した?とか
ゴチャゴチャ詮索されるのが嫌だったので、
私はあまりしつこく聞かないようにしている。








・・・しているけど、たまには聞きたくなる(笑)



「のび太、休み時間とか誰と遊んでるの?」


「遊んでない。本、読んでる」


「へぇ~のび太、図書委員だもんね~
 図書室で読んでるの?」


「図書室で借りた本を教室で読んでる」


「誰かと遊んだりしないの?」


「う~ん、最近はあんまり遊ばない」


「そっかぁ~本、読んで過ごすのもいいよね~」


「うん。誰かと遊ぶのもメンドクサイし。
 ○○しよう~って言われたらやることもあるけど」


「いいね~なんかカッコいいね、のび太」







のび太は基本的に積極奇異型の典型だった。

しかし、成長と共にアスペ系なりに学習し少しずつ変化する。

本来、友達の中にいたいのび太だけど、
放課後も友達と遊ぶこともないし、
さらに、休み時間もひとりで過ごしている、と聞くと、
正直、母としては胸が痛い。



4年生の時、散々嫌がらせを受けていたときに、

「そういう時は『遊ばない』って言って
 ひとりで本読んだり好きなことしてた方がいいんだよ」

と、言い聞かせても、友達と遊んではいじめられていたのび太。



ちゃんと、私が言ったとおりに過ごしてるんじゃん・・・


それに「誰かと遊ぶのもメンドクサイ」というのび太。


確かにそういう時もあるしね。



そう思いつつ、複雑な心境の母である。








・・・ああ、そういえば、私も5,6年生の時は
休み時間、ひとりで絵を描いたりしてたな・・・

放課後もたま~に友達に誘われて断れなくて約束しては
ブルーな気持ちですごく辛かった・・・





なぁ~んだ。




カエルの子はカエル。







ヘンなところばっかり、似てる。






















スポンサーサイト
| 母のつぶやき | コメント(6) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。