-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-03-04 (Wed)
「あ~!Qくんに嫌なこと言われて、
 我慢の限界を超えてやり返してきた!!!」



昨日、帰るなり、初めていざこざを自ら申告。

こんな時いつもならグジャグジャに泣きながら帰るのに
今回は泣きはらしているが
シャキッとした表情だ。



・・・で、思わず出た私の言葉は・・・






「よ~し!!!よくやった!!!」








いいのか?!



いいのだ!!!







「やられてもやられっぱなしだったのび太が
 やり返せるようになったのはスゴイよね!
 だけど、ちゃんと力の加減はすること!
 万が一、相手に怪我させたらのび太の方が
 悪いことになっちゃうんだからね。」



「わかってるってば!
 でも僕だって無視してもしつこくされたら爆発するんだよ!!」


「そりゃあそうだけど、爆発した時に
 自分でも思いも寄らない力が出て
 間違って傷つけちゃったりしかねないから、
 気をつけなさい、ってことだよ。
 のび太が仕返ししても相手が最初に仕掛けたんだから
 やられても仕方ないとお母さんは思ってるよ。」




のび太は理屈ではそういうことはわかっているが、
とにかくイライラして私の言葉も
「わかってるけど納得できない」と言いたげな雰囲気。




「それから、何度も言ってるけど
 一番効果的な防御は『無視』なんだからね。
 やり返す、っていうことは
 相手に嫌がらせをして喜ぶような心のレベルの低い人の
 相手をしてあげてる心のレベルが同じ程度の人、
 って思われても仕方ないんだよ。
 そんな人と一緒にされたくなかったら無視。
 走って逃げて帰ってきなよ。
 無視できたら無駄な時間を過ごすこともないし
 こんなに嫌な思いもしなくていいんだし。」


「無視してるんだよ!
 無視してもしつこいから爆発しちゃうんだよ!
 わかってるけどさぁ・・・」




わかるよ。

のび太の気持ちは。


世の中、ホントに理不尽で納得いかないことばかりだよね。








「でもさ、いいよ、やり返したって。
 のび太は間違っていないよ。
 やり返せるくらい、のび太は強くなってきたんだな~
 って、ちょっと頼もしいよ。」

と言って、ニヤッとのび太を見た。





のび太もニヤッとして、小さくガッツポーズをした。








スポンサーサイト
| のび太のあれこれ | コメント(4) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。