2009-02-27 (Fri)
「のび太、今日は何があったの?
 Rくんにまた、何か言われた?」

おやつを食べながら、のび太に聞いた。


「!!?何もなかったよ!」


ビックリした顔ののび太。



このところ、何度ものび太から申告のないいざこざを当てているワタシ。

大きいいじめや嫌がらせは教えてくれるけど、
大したことがない、もしくは自分の中で消化したものは
教えてくれなくなった。

ま、それも成長。


何でもかんでも一日の出来事を親に言ってくれればいい、
というものでもないから、いいんだけど、
感づいてしまう親としては、ちょっとおどかしたくなるのだ~


ここ1ヶ月くらい、週に2回くらいずつの割合で
そんなことを的中させている、スピリチュアルなワタクシ・・・






お母さん、のび太のことは何でもわかっちゃうんだよね~
 学校で泣いてきたでしょ?」


「泣いてないよ・・・」


「『お母さん、何でわかるんだ?!スゲ~!』
 ・・って今、思ったでしょ?」


「・・・


「Rくん?Pくん?」


「・・・Rくん・・・しつこいんだよ、アイツ・・・
 無視してもあんまりにもしつこすぎてブチぎれたんだ・・・」


「そっかぁ~Rくん、のび太しか相手してくれないから
 しつこく嫌なこと言うのかもしれないね。
 それにしても嫌だね~」








「・・・・・なんで、わかるの?」




何でって、お母さんにはのび太のこと、
 なぁ~んでもわかるんだよね~
 学校での出来事、お母さんに言わなくても
 何でも見えてくるんだよね~・・・
 すごいでしょ~?!」







「・・・・・・・ミワさんみたい・・・・・・・・」








何のことはない、泣きはらしたまぶたや、
鼻水を何度も拭いたらしい鼻の赤みから推理しているだけ・・・



ミワ的母にちょっとおののいている?のび太です・・・(笑)












スポンサーサイト
| 母のつぶやき | コメント(2) |







管理者にだけ表示を許可する