-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-02-09 (Mon)
「のび太、昨日テレビでやってたけどね、
 女の人が男の人を嫌いになる理由の一番は
 食事のマナーの悪い人なんだってよ~!」




恥ずかしながら・・・

のび太は食事のマナーが・・・悪い。



親のしつけがなってないのだ・・・汗




2歳ころになってもストローで飲めなかったし、
コップもうまく使えなかった。

幼稚園でものび太ひとりだけ箸が使えず、
スプーンフォークを持たせてた。

偏食も激しく、うまく食べられない・・・



手づかみだろうと、こぼそうと、
箸やスプーンの持ち方がおかしかろうと、
とにかく食事は「楽しく美味しく食べる」ことに
重点を置いていた我が家。






しかし・・・

三つ子の魂・・・とは恐ろしいもので、
今、慌てて直そうと注意しても簡単には直せない。


注意した瞬間は正しくしても、気を抜くと戻る。





・・・恥ずかしながら、箸の持ち方を直すのは諦めた。

誰が決めたんだ、端の持ち方なんて・・・

自分が「恥ずかしい」と思ったらいつか直すだろう。




しかし、その他のマナーは周りで見ていて不快な思いをしたり
その人となりを判断されかねない。

だから、遅ればせながら気が付いたら注意する。



左手はお茶碗に添える。

ご飯をかっ込まない。

手づかみしない(激汗)  などなど・・・



いくら言っても直らない。

マナーを守れないと相手に嫌な思いをさせることもあるから
絶対に大事なんだよ。

いくら自分さえ良ければ、って言っても
のび太がマナーを正しく出来ないことで
周りの人はのび太の評価を下げたりするんだよ。



はぁぁぁ・・・

言ってもむなしいだけ・・・





で、たまたま

「女性が男性を嫌いになる理由NO1は食事のマナーの悪い人」

と言うのを目にしたので言ってみた。




「!!!そうなの?」






食いついてきた(笑)





「そうなんだって~お母さんの言ってた通りでしょ?
 Kちゃん、遠くからのび太の給食食べるの見て、 
 『えええ~のび太くん、食べ方嫌だ~』って
 思ってるかもしれないよ~」

Kちゃんとはのび太が大好きな同じクラスの女の子。


「大丈夫だよ。Kちゃんと席が遠いから」


「遠くたって目に入るんだよ~
 それにね、のび太が大きくなってもしかしてもしかしたら
 Kちゃんとデート出来たとするでしょ?
 その時に食べ方のマナーが悪くて嫌われちゃったら悲しいよ」

「そのときはちゃんとやるよ」

「その時に急に直せないでしょ?
 現に今だってなかなか直せないじゃない。
 小さいうちから正しくしておかないと、
 どうしても癖になっちゃってマナー違反をやっちゃったりするよ」











しばらく考えて、耳打ちしてきたのび太。





「癖ってどうやったら直せるかな?」


・・・おおお、真剣だ!

さすがKちゃん効果!!!


「だからお母さんに注意されたときにちゃんと
 素直に直すとか、
 自分でも気が付いたら直すとか、心がけないとね」


「そっかぁ~・・・」





「ねえ、Kちゃんとデートできるのって
 高校生くらいになったら出来るかな?」


「ええ?デートできるかどうかは
 Kちゃんものび太のことを好きじゃないと
 できないんだよ~
 のび太だけが大好きでもKちゃんは嫌だったら、
 ダメなんだからね。
 だからKちゃんに好きになってもらえるように
 正しいマナーを身につけておかないといけないし
 素敵な男の子にならないと無理なんだよ」


「ああ・・・そうかぁ~・・・」



マナーの前にこーゆーことものび太には教えねば・・・汗

相手の気持ちあってのデート、ってことも
わかんないんだろうな・・・




「自分の好きな人が自分の事も好きでいてくれる
 っていうのは、なかなかないんだよ。」


「ふ~ん・・・」


「とにかく相手の女の子の気持ちを
 ちゃんと考えられる男の子にならないと
 どんな女の子もデートしてくれないよ」


「う~ん・・・難しいんだな、女の子って」


「(んぷぷぷぷぷぷ・・・こらえきれないぃ~~~!!!)」







のび太はこの時から

「Kちゃんに嫌われるよ」の一言で
マナーを直すようになりました。



男の子って、単純!!!








スポンサーサイト
| のび太のあれこれ | コメント(10) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。