-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-02-02 (Mon)
金曜日、明らかに泣きはらした顔で帰ったのび太。

でも、全然、何事も無かった雰囲気で
明るく振舞うのび太。




「学校で泣いたでしょ?」

おやつを食べながら、何気なくちょっとふざけた感じで
聞いてみた。


「え?別に~泣いてないよ~」



明らかにごまかしているのが見え見えののび太。




「ま、いいんだけど。
 でも、お母さんにはわかるんだよね。泣いてきたって。
 言いたくないなら、いいけど。」


「・・・・・・・・・・・・・
 Zくんが僕はやりたくないのに僕のことを
 ゲームの○○ってモンスターの名前をつけて
 鬼ごっこみたいにしつこく追いかけて来るんだよ。
 で、嫌になって泣いちゃったんだ。」


「あ~Zくんかぁ~だからそういう訳わかんないことを
 相手にしない方がいいんだよ。
 無視だよ!無視!
 前にMくんとYくんにも言われたでしょ?
 相手にするからしつこくされるんだよ。」


「そうなんだけど、わかってるんだけど、
 どうしても嫌なことをされたりすると
 ムカついて言い返したりしちゃうんだよなぁ~」


「まあね、のび太の気持ちもわかるけど。
 でも、そういうくだらないことを無視できれば
 本当に気持ちは楽になるんだけどね。」







まあ、のび太には、まだ無理だろう。

4年生になってやっと、やられた相手にやり返したり
言い返したりが出来るようになったのび太。

それまではやられても言われても、
やられっぱなし、言われっぱなしで
泣き叫ぶしかなかったのだから。







今朝、登校するときに、



「お母さん、僕、今日から嫌なことをされたら
 『こいつはここにはいない』と思って無視する事にした!
 聞こえていないって思い込んでみる!」


「おおお!そうだよ~
 そういうくだらない人を相手にするだけのび太が
 損なんだから。
 そうそう!それでいいよ。
 無視しているうちに相手はつまんなくなって
 のび太に嫌なこと、しなくなると思うよ。」


「うん。とにかく頑張って無視してみる!」


「おお!がんばれ~のび太~!!!」







突然の「無視宣言」。




のび太の中で何かきっと、踏ん切りが付いたのでしょうか。





頑張れ~!!!









 


~~~PM4:30追記~~~



「無視してみた。快適だった。心が。」



だそうです…



ちょっとは「交わす」ことを覚えたようです。



ある意味、一歩 成長でしょうか。
スポンサーサイト
| のび太のあれこれ | コメント(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。