-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-11-04 (Tue)
私は、人にあれこれ立ち入ったことをされたり言われたりすることが苦手。

自分なりの物事の進め方のプロセスや
完成予想図があるため、
他人の手や言葉でプロセスや完成予想図が
妨害されたり変化するのが許せないのです。

途中で横槍が入った時点で、
今までやっていた作業は自分の中で爆発して、
粉々に破壊されたように感じてしまうのです。






だから、私も、他人に余計な手出しや口出しはしません。

だって、自分がされたら、予定は爆破してしまうから。




でも、手出し口出ししないことで、逆に
「思いやりがない」とか「気が利かない」と、思われて、
小さいころなどは叱られてばかりいました。


「自分以外の人は、他人から横槍を入れられても、
 気持ちの中で予定が爆発しないんだろうか?」


これは、私の長年の疑問でした。


むしろ、「ありがとう」「おかげで助かります」などと、
横槍を感謝するらしい、ということも、
だんだん学習していきました。




自分は、どうして他の人と感じ方が違うのだろう




自分は「人の気持ちがわからない冷たい人間なんだ」と
感じて生きてきました。



のび太という少数派の息子を授かり、
そして、自分ものび太と同じ少数派の人間だったという事を知り、
やっと、「サイテーな自分」から解放されました。






でも、いくら診断されたからといって、
どうしたらいいかもわからない。

どんな場面で他の人たちは手や口を出して欲しいのか、
考えても考えてもわかりません。

わからないまま、今、こうして生きています。


「自分がされて嫌なことは、他の人にもしない」

これが間違いなのでしょうか?




今、のび太にも

「自分がされて嫌なことは、他の人にもしない」

と、言い聞かせていますが、果たしていいのだろうか?





時々、

「あ、今、本来なら何かすべきタイミングだったのでは?」

と、周りの雰囲気から察することはあるのですが、
じゃあ、一体、何を、どうすればいいのかな?



う~ん・・・


難しいなぁ~・・・









スポンサーサイト
| 自閉症について思う | コメント(10) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。