-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-08-01 (Fri)
6月に漢字検定3級を受験したのび太。

3級とは中学卒業程度のレベルなので
受験する人のほとんどは高校生。

キャピキャピの女子高生達の中にポツンとひとり
小学生男子ののび太が座っている姿は
ちょっと笑えた~



ところでいつもの事ながら
ほとんど勉強せずに受験しているのび太。

今回ももちろん、前日まで一切勉強せずにいた。
しかしさすがに当日、
チラッと問題集を開いたらこれが結構難しい。

単なる読み書きは完璧だが
対義語、文字訂正、など応用力が試されるものがダメなのだ。


さすがに今回はキツいぞ~!

しかし今までもそう言いつつかなりの高得点で
合格してきたので、あわよくば…!?



2週間後、受験者はネットで合否を確認できるのだ。

さて…






受験番号☆★☆★番、のびのび太…



「合格まであと1点です」




えええ?合格まであと1点?





・・・っていうことは不合格










・・・・・んまあ、そうだよなぁ~

全く勉強もしないで合格できるほど3級は甘くはなかったんだ。



というか、1点足りないだけだったっていうのも驚き~!




帰宅したのび太、早速

「ねえ!今日、漢検合格発表、見てくれた?」

「はい!これ!」

プリントアウトしておいた「合格まであと1点です」を見せた。



「ん?え?どーゆーこと?!」


うんうん。
こういう遠まわし、かつ、本人の気持ちに配慮したような文章は
理解できまい・・・


「不合格だって。あと1点あったら合格だったってこと」

「えええええ~!!!1点だけ~?!
 そんなぁ~!!!たった1点?!」

「テストって言うのは1点が勝負なんだよ。
 学校の受験だって1点の差で合否が決まったりするんだから。」

「んぁ~~~・・・(涙目)」

「だからね、勉強しなきゃダメなんだよ。
 甘く見たでしょ?

 どうせだったら次、難しい2級とか1級とか受けることにしてみたら?
 難しい方がやる気になるんでしょ?」

「・・・・・う~ん・・・・・そうかなぁ~・・・
 でも、次、受けるかどうかはちょっと考えてみる」

「そうだね~小4で4級持っているだけで
 充分なんだから、受けたくなったらやればいいよ」




いい経験だったと思う。

のび太は自分は勉強が出来る、と自負している。

自信を持つのはいいことだけど
それをひけらかしたり、それで勉強を甘く見たり、
自分が知っているからといって知らない人をけなしたり・・・

最近ののび太は自分に知識があることで
いい気になっている節があった。


のび太にとっては初めての屈辱だったかもしれないけど
今ののび太には「1点足りない」ということ自体が
とても大事な出来事だったと思う。




これに懲りず、どんどんチャレンジしていって欲しいけどな~








・・・・・でも、小学生割引?で1点、負けてくれてもいいのに・・・?


なぁ~んて思うワタシも、まだまだ甘いのだよ・・・汗・・・







スポンサーサイト
| のび太のあれこれ | コメント(8) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。