-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-06-27 (Fri)
「お母さん!☆☆豆腐で働いている人たちって
 しょうがいのある人なんだって!」

☆☆豆腐とは障害のある人たちが働く、
宅配お豆腐やさん(くわしくは→こちら

我が家でも毎週一回、届けていただいている。

スーパーで買うよりは正直言って割高だけれども、
とっても美味しいのだ!

「やっぱりお豆腐は☆☆豆腐に限るよね!」

と、味に敏感なのび太のお墨付きなのだ!



その☆☆豆腐に社会科見学に行って、
初めて働いている方達が
障害のある方だと知ったのび太。

「うん、そうだよ~全員じゃないけどね。
 しょうがいのある人にお仕事を教えたり、
 お世話してくれる人もいるけどね。
 いつも運転してくるSさんは健常者。
 お豆腐を渡してくれるUさんは障害のある方だと思うよ。」

「えええ~?!そうなの?!
 Uさんって障害があるの?!知らなかったよ!」

「たぶんね~。お母さんもよくわからないけどね。
 きちんとしていて立派な方だよね。
 障害があったって周りの人たちに
 ちゃんとサポートされて大切にされてきた方達だからね。
 Uさんだって、とても努力されたんだと思うよ。」

「そうだね~すごいね~全然わかんなかった。
 でもUさん、どんな障害なんだろう?
 目とか耳とかじゃないよね~?」


ド・・・ドキ・・・

でも・・・ちゃんと説明せねば・・・汗汗汗・・・


「たぶん、『自閉症』っていう障害じゃないかな?
 他の人たちと心の感じ方や、ものの考え方がちょっと違って、
 お話が苦手な人もいるし、苦手な音がある人とか・・・
 うん、苦手なものが多いけど
 気持ちはとても優しい人が多いんだよね」
(あせって、何を言ってるのか訳がわからなくなりつつ話す私・・・)

「ふ~ん・・・じゃあ、障害があるってわかんないよね。
 そうなんだ~だから、気が付かなかったんだ。」

「見た目じゃわからない障害のある人は
 いっぱいいるんだよ。
 体が具合悪い人だってパッと見ただけじゃ
 わからないのと同じでしょ?」

「そうかぁ~。でも☆☆豆腐の人たちはすごいよ!
 あんなに美味しいお豆腐を作るんだからね~!」









アスペ母は、んもう、身も心も激汗状態での説明で・・・

何言ってるんだか・・・

自分でも訳がわからない日本語の羅列でした・・・








・・・高機能自閉症の息子と、アスペの母の会話・・・





カミングアウトへの道は遠い・・・?







スポンサーサイト
| 自閉症について思う | コメント(4) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。